生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon travel旅行・おでかけ

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7. 南米で会話に使うフレーズ「スペイン語編」

南米で会話に使うフレーズ「スペイン語編」

2013年10月29日更新

 views

お気に入り

いざ、サグラダファミリアへ!

南米やスペインには魅力的なところがたくさん。マドリッドの美術館、ボリビアのウユニ塩湖、マチュピチュ。

でも、「英語はしゃべれてもスペイン語はわからない・・」という人も多いのでは。

そこで、スペイン語圏に行く時に憶えておくと便利なフレーズをあげてみました。

Eso es

英語で言うところの「That's it!」。いわば「それー」という感じです。

たとえば、「そのお土産下さい」と言って、先方が「これ?」と聞いた時に「それ!」という時などにいかがでしょうか。「Alright!」の意味でも使えます。

Verdad?

「本当?」という意味。

「本当ですか?」という時よりも、現地の人とコミュニケーションをした時に「まぁ驚いた。ほんまにー!?」という驚きを含めた意味で使った方が効果的かも。

Donde?

「どこ?」という意味です。

「De donde esta?」で、どこからいらっしゃいましたか?ですね。英語で言うならば「Where are (you) from」。スペイン語は動詞で主語を規定していますので、「You」は省略されています。

Soy Japones/sa

日本人です、という意味。南米を旅行していると「チノ」と呼ばれる時がありますが、それは「中国人」という意味ですから「Japones」と説明してあげましょう。

発音は、「ハポネス/ハポネサ」です。男性はハポネス、女性はハポネサですよ。

bien

goodという意味です。「おいしい?」という時の答えや、「これでいいの?」という時に使えます。

発音はビエン。「Como estas?(元気?)」の回答として「bien」なども使いますね。「あなたは?」という意味で「y tu?(and you?)」も合わせて使えます。発音は「イ トゥ?」ですね。

Si/no

Yes/noですね。基本中の基本。発音は「シー」。

Por favor

英語のPlease。発音は「ポルファボール」。

たとえばカフェで「un cafe, por favor」で「コーヒーください」です。

補足求む

他にも便利な言葉やよく使う言葉はたくさんあります。たとえば「Porque no?(どうしてだめなの?)、Que paso/sa(元気?)、「Como se llama(なんと言いますか?)などなど。

スペイン語に詳しい方は是非、追加をお願いします。

本記事は、2013年10月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る