生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon cook料理

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 板かまぼこの下ごしらえの方法

板かまぼこの下ごしらえの方法

2013年11月01日更新

 views

お気に入り

はじめに

板かまぼこの下ごしらえの方法を紹介させていただきます。

用意するもの

  • 包丁
  • まな板

下ごしらえの方法

STEP1:かまぼこを板から外します

下の角のところから、下記の順序に切りこんで行きます。

ふたつに分解できました。

STEP2:板に残ったかまぼこをとります

包丁の刃を反対に向けて、そいでいきます。

手を切らないように、必ず、押さえている手の反対向きに切ってくださいね。

板の3分の2.位の位置に包丁をあてます。

そのまま右に進ませます。

とれました。

次に、板を回転させ、残りをとっていきます。

きれいにとれました。

STEP3:切りかたの説明です

包丁のの部分からの部分を使います。

かまぼこは、上から下へと切ります。

包丁のの部分を上にあて、滑らすように切っていきます。

切れました。

STEP4:色々な切りかた・使い方です

4通りの切り方をしてみました。

基本の切りかたです。そのまま食べたり、醤油をかけたり、おべんとうのおかずにも最適です。

薄くスライスします。ラーメンやうどんに、又は野菜サラダなどに。

スライスしたものを切り分けます。お吸い物やお味噌汁などの汁物に。又は茶わん蒸し、ポテトサラダなどに。

スライスしたものを、細く切ります。マカロニやはるさめのサラダや酢の物、又はスパゲティにも。

おわりに

かまぼこは栄養価の高い食材で、低脂肪・低カロリーです。さらに、健康維持に欠かせないタンパク質を豊富に含んでいます。

タンパク質をしっかりとることで、美肌効果・筋肉の疲労回復・免疫力アップが期待されます。

かまぼこはタンパク質のパーフェクト食品です!!

(photo by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130103200225 50e565419f3ff
  • 20130103200605 50e5661d2b755
  • 20130103200635 50e5663b74120
  • 20130103200805 50e566951c064
  • 20130103200829 50e566adcf2f2
  • 20130103200848 50e566c0b13c1
  • 20130104131406 50e6570eb6381
  • 20130104131455 50e6573f114a8
  • 20130104131555 50e6577b26964
  • 20130104131639 50e657a79288c
  • 20130104131722 50e657d2eea7f
  • 20130104220445 50e6d36d74197
  • 20130104220657 50e6d3f18ea06
  • 20130104220928 50e6d48850715
  • 20130104221251 50e6d5539db25
  • 20130104221407 50e6d59ff162f
  • 20130104221653 50e6d6452c634
  • 20130104230358 50e6e14e395ee
  • 20130104223620 50e6dad45d197
  • 20130104223816 50e6db48ce660
  • 20130104223930 50e6db92241be
  • 20130104224038 50e6dbd6695d3
  • 20130104224131 50e6dc0b75103
  • 20130104224158 50e6dc26a17e0
  • 20130104224341 50e6dc8d8ef75
  • 20130104224409 50e6dca985322
  • 20130104224447 50e6dccfb6ad7
  • 20130104224632 50e6dd38d942c
  • 20130104224732 50e6dd74e00a7

本記事は、2013年11月01日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る