生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7. 筆者なりのオセロに勝つための方法

筆者なりのオセロに勝つための方法

2013年01月07日作成

 views

オセロはルールが簡単なうえに勝敗の判りやすさが特徴的なボードゲームの定番です。今やインターネットでも気軽に見知らぬ相手と対戦ができる時代ですが、その中でもオセロは根強い人気があるゲームの一つになっています。

そこで、筆者が実感したオセロの勝ち方を紹介します。

世界チャンピオンによるオセロ必勝法もあります!
元世界チャンピオンが教える!超戦略的オセロ必勝法

オセロに勝つためのコツ

1. 最初は少なめに

序盤から中盤までは、なるべく相手の石は少なめに返すことです。

最初から相手の石を多く返してしまうとかえって置ける升目が限られ、手詰まりになってしまい、相手の置いて欲しい升目に誘導される確率が高くなります。

2. 盤面の辺にあたる四方は相手の石を置かせない

もしも、盤面の辺にあたるそれぞれの四方いずれかに相手の石が置かれたら、その一つ空けたどちらかの升目にあなたの石が置けるかどうか状況を見て、置けるようなら、すかさずそこに自分の石を置きます。

その後、相手があなたの石と相手の石の間に新しく石を置いたら、あなたはその辺に置いてある相手の石をすべて返せるように石を置き、間にある相手の石をすべて返します。

3. ただし、四隅を含むそれぞれ4マス(合計16マス)は角が取れる状況でなければ最後まで石を置かない

2のように、四方の辺に置かれた相手の石はすべて返すようにしますが、相手が四隅を含む角の各4マスの領域に石を置いた場合は、自分の石で角が取れる状況になるまで石を置かずにそのままにします。

もしも、それで四辺がすべて相手に返されたとしても、最後に四隅の角を取ることでそれら四辺にある相手の石はすべて取り返せるので、焦ってすぐに相手の石を返そうと思わないことです。

オセロが上達したい人へのアドバイス

オセロは後攻がおすすめ

先行か後攻か、どちらがいいのか?という点ですが、できれば白(後攻)をお薦めします。

黒は先攻に見えて、実は置ける場所が最初はすでに4か所しかないと決まっているため、どこに置いても似たような置き方になってしまい、結果的に後手にまわってしまうことになり、打ち方も守りに入る体制を強いられやすくなります。

ただし、当然のことながら四隅は一度置くと二度と返されないため、四隅を制する石が勝敗を握ることになりますが、稀に(本当に稀にですが)四隅を制覇されても相手の勝利を阻止できる場合があります。

それは、相手に中央の×状の位置を取らせないことです。相手が四隅を制覇した場合、たいてい四辺はすでに相手の石で埋められていることが多いのですが、3にも書いたように四隅それぞれの4マスを空けていた場合、四隅が先に取られてもそのさらに内側の升目が空いていれば中央まですべて返されることはないため、僅かな勝機の望みはあります。

おわりに

著者自身もオセロが好きで、何とか勝つための術を自分なりに模索して得た方法です。

さらに勝つためには、オンラインゲームなどを活用し、一人でも多く自分より強い人と対戦を重ねることです。

楽しみながら上達を目指してください。GOOD LUCK!!

(photo by フォトライブラリー)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130105060004 50e742d48116a

本記事は、2013年01月07日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る