生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 折り紙で作るお正月用のリースの折り方

折り紙で作るお正月用のリースの折り方

2013年01月09日更新

 views

お気に入り

はじめに

お正月用に折り紙で作るリースを紹介します。

用意するもの

出来上がりが15cmのリースです。

  • 折り紙 赤系の千代紙と白(15cm角を各2枚を半分に切って使います)
  • はさみ
  • グルーゾッツまたはボンド
  • テープ
  • リボン30cmくらい

ユニットの作り方

STEP1

折り紙を半分にカットします。

STEP2

白の面を上に、半分に谷折りします。

こんな感じです。このとき下が「わ」になっています。

STEP3

半分に折って、折り筋をつけます。

STEP4

開いてから、両端を写真のように谷折りしてから、中心で半分に折ります。

STEP5

これでユニットが完成です。白と赤各4個作り、合わせて8個用意します。

ユニットの組み立て

STEP1

ひとつのユニットの上部にポケットが2個あるので、次のユニットの尖った部分を差し込んで組み立てるだけです。

こんな感じで、同様に色を交互にして組み立てます。

STEP2

これでリースの完成です。

STEP3

リボンをテープで付ければ壁に掛けられます。

飾り例

ここでは紅白の水引で作った淡路結びと金色の折鶴で飾る方法を紹介します。

用意するもの

  • 金色の折り紙(7.5cm角)で折った折鶴 2個
  • 赤と白の水引(ダイソーでみつけました。)45cmを各4本

水引で淡路結びの作り方

STEP1

紅白の水引を束ね片端をテープでかり止めします。こうすると水引がバラバラにならないので結ぶ易いです。ここでは、この端を端Aと呼び、もう片方の端を端Bと呼びます。

STEP2

左端Bから1/3くらいの所に輪を作ります。

STEP3

さらにもうひとつ輪を作ります。

STEP4

端Aを端Bの上に出し、二つ目の輪の下から中へ出します。

STEP5

一つ目の輪に上から中へ通し、交互に端Aをくぐらせてます。

STEP6

形を整え、両端をはさみで切り揃えれば淡路結びの出来上がりです。

STEP7

紅白の水引と金色の折鶴を貼付ければお正月用の飾りの完成です。

おわりに

いかがでしたか。ここでは折り紙で作るお正月用のリースを紹介しました。

ぜひ参考にしてみて下さい。

参考サイト:リースの作り方
参考サイト:淡路結びのサイト

(photo by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130105041953 50e72b59e46d8
  • 20130105042148 50e72bccdfb7a
  • 20130105042736 50e72d286b4ed
  • 20130105042851 50e72d7365f49
  • 20130105043021 50e72dcd6c74e
  • 20130105043229 50e72e4dc7a68
  • 20130105043351 50e72e9fdd5bb
  • 20130105043602 50e72f2264ccb
  • 20130105043941 50e72ffdd648d
  • 20130105044151 50e7307fa6736
  • 20130105044328 50e730e0a0312
  • 20130105044452 50e73134d3cf4
  • 20130105044606 50e7317edfde4
  • 20130105045540 50e733bc4b157
  • 20130105045752 50e73440a8fd1
  • 20130105045939 50e734abb388c
  • 20130105050109 50e735056305a
  • 20130105050734 50e736868fe50
  • 20130105051258 50e737ca014e1
  • 20130105051621 50e73895769d7

本記事は、2013年01月09日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る