\ フォローしてね /

折り紙で作るお正月用のリースの折り方

リースと聞くと、クリスマスを思い浮かべる人も多いのでは。

そんな洋の印象があるリースを、折り紙でお正月に似合うおめでたい雰囲気の和風リースとして作ってみました。

用意するもの

出来上がりが15cmのリースです。

  • 折り紙:赤系の千代紙と白色(15cm角・各2枚)
  • はさみ
  • グルーゾッツまたはボンド
  • テープ
  • リボン30cmくらい

ユニットの作り方

STEP1:半分に切る

折り紙を半分にカットします。

STEP2:横長に谷折りにする

白の面を上に、半分に谷折りします。

こんな感じです。このとき下が「わ」になっています。

STEP3:折り筋をつける

半分に折って、折り筋をつけます。

STEP4:両端を谷折りにする

開いてから、両端を写真のように谷折りしてから、中心で半分に折ります。

STEP5:計8個分繰り返す

これでユニットが完成です。白と赤各4個作り、合わせて8個用意します。

ユニットの組み立て

STEP1:ポケットに挿入する

ひとつのユニットの上部にポケットが2個あるので、次のユニットの尖った部分を差し込んで組み立てるだけです。

こんな感じで、同様に色を交互にして組み立てます。

STEP2:完成

これでリースの完成です。

STEP3:リボンなどをつける

リボンをテープで付ければ壁に掛けられます。

飾り例

ここでは紅白の水引で作った淡路結びと金色の折鶴で飾る方法を紹介します。

用意するもの

  • 赤と白の水引(ダイソーで購入)45cmを各4本
  • 金色の折り紙(7.5cm角)で折った折鶴 2個

鶴の折り方はこちら

水引で淡路結びの作り方

STEP1:端を仮止めする

紅白の水引を束ね片端をテープで仮止めします。こうすると水引がバラバラにならないので結びやすいです。ここでは、この端を端Aと呼び、もう片方の端を端Bと呼びます。

STEP2:輪を作る

左端Bから1/3くらいの所に輪を作ります。

STEP3:さらに輪を作る

さらにもうひとつ輪を作ります。

STEP4:端をくぐらせる

端Aを端Bの上に出し、二つ目の輪の下から中へ出します。

STEP5:再度端をくぐらせる

一つ目の輪に上から中へ通し、交互に端Aをくぐらせてます。

STEP6:両端を切り揃える

形を整え、両端をはさみで切り揃えれば淡路結びの出来上がりです。

STEP7:リースと組み合わせる

紅白の水引と金色の折鶴を貼付ければお正月用の飾りの完成です。

何度も繰り返しチャレンジ

水引を作るのが難しいなら、買ってきたものでも大丈夫です。まずはリースの作り方を覚えて、お好きな形にアレンジしてもらえたら嬉しく思います。

もし完成した形がいびつになっても、何度も作っていればきっとコツをつかんでうまくできる日が来るはずです。あきらめずに楽しんで作ってみてくださいね。

(image by 著者)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。