生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon learn語学・学習

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 書いて覚える!英単語

書いて覚える!英単語

2013年10月29日更新

 views

お気に入り

はじめに

英語を勉強するうえで、どうしても覚えなければならない英単語ですが、なかなか覚えられませんよね。ここでは、コツコツ書いて覚える際に、少し押さえておきたい点をご紹介致します。

英単語を覚えている目的

著者は、学生時代、家庭教師に来て頂いていたので、それの宿題で単語を覚えていました。主に、学校の授業についていくためですね。

ですので、この記憶法はテストの為に急いで覚える方向けではなく、日々の勉強の中で少しずつ覚えて行きたい人向けとなっております。

必要な道具と選び方

大体普通の物で大丈夫です。自分の使いやすいものを使いましょう。

ノート

英文が書けるように、線が引いてあるのがいいです。

お勧め商品はこちら

ペン

普通のシャープペンで大丈夫です。自分の好きなデザイン、機能の物を使いましょう。

また、何かモチベーションの上がる色などがある人は、その色のペンなどを使ってもいいと思います。

消しゴム

間違えたところをきちんと消して直したい人は用意しましょう。著者は斜線で消しているので、それで構わないという方は必要ありません。

さて、書いていきましょう

STEP1:単語を選ぶ

6~10個ほど、覚える単語を選びます。これは一日で書く量の基準なので、1週間で考えると18~30くらいがいいでしょう。単後の入れ換えは1週間単位で行います。

STEP2:書く

選んだ単語は、1単語につき1行使ってノートに書いていきます。全部書いたら、最初に書いたものを含めて5つになるように行を埋めて行きます。

著者は5つ書いていますが、5つで不安な人や時間がある人は、もっと書いてもいいでしょう。ただし、3日坊主にならないためにも、負担にならない程度にしましょう

STEP3:テストする

きちんと覚えられたかどうか試すために、自分でテストをします。ノートに単語を日本語で書いて、その隣に何も見ずに単語を書いてみましょう。

覚えられなかった単語は、また次の週の単語と一緒に書きます。

覚えられた単語も、たまにテストして忘れていないか確認しましょう。忘れてしまったら、また書けばいいのです。

時間

夜、寝る前にやると記憶率が上がるそうです。著者は学術的な裏付けなどは知らないので、断言はできないのですが、個人的には記憶率が上がったと感じています。

おわりに

いかがでしたでしょうか。最近は英語がとても重要な教養として重視される傾向にあるので、なんとかして出来るようになりたい、という方も多いと思います。コツコツ勉強して、夢をかなえましょう。

(photo by 足成)

この記事で使われている画像一覧

  • 20121202010550 50ba2ade33a6d

本記事は、2013年10月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る