生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 運気アップにつながる幸せになるための考え方

運気アップにつながる幸せになるための考え方

2010年10月17日作成

 views

運気を上げるなんてどうなるかわからない。運気をアップさせる方法があるならとっくにしている。だけど、どうしてこう毎日つまらないんだろう?ふっと考えたことはありませんか。

このネガティブ思考がまず運気を下げています。運を上げるには自己暗示をかけると効果的です。それには何事にもプラス思考になることです。くだらないことでも楽しめる、とにかくポジティブに考えるのです。

ポイントその1:魔法の言葉

「私って運がいい。」

口癖のように自分が運がいいと思っている人。その人は本当に幸せを実感している人です。実感していることにも気がつかないくらい幸せ者です。そして周りからも大事にされています。

それはなぜか?運がいいと思えると言うことは、自分以外の人間、周囲の人の存在を認めているから。一人ではないということを理解しているからです。一人ではできないことも誰かの力があればできた。それに感謝することができる。

そして、その感謝の気持ちを言葉として伝えることができる人。とても幸せな人です。感謝をすることで大事にされ、できないことも助けてくれますし、応援もしてくれます。そして、また感謝をするのです。

ポイントその2:優しいループ

謙虚になれると人は集まる

助けてもらってありがとう。そう、感謝の気持ちを伝え、そうすることで人が集まり、応援され、また感謝する。優しいループです。毎日がその繰り返しだと優しい気持ちにもなれますし、心に余裕が生まれます。

そして、プラス思考の人と一緒にいることでまた一緒にいる人も運気が上がります。笑顔がうつっていくように気持ちもうつって行くのです。幸せな気分が幸せを呼びます。

ポイントその3:マイナス思考はNG

「私は悪くないのにどうして?」

そう口ずさむ人には幸せも、人もよりつきません。周囲に感謝することができないからです。私は悪くない、悪いのは他の誰か、そう言っているような人と一緒にいてもつまらないですよね。

成功した時は自分ががんばったから。失敗した時は周りががんばらなかったから、どうしてがんばってくれないのよ。と口にするような人は周りの存在に感謝できていません。

がんばっているのは一人ではないのです。何かをする時、一緒にしている人も頑張っています。そして成功するように願い、みんながんばっているのです。

失敗してもみな頑張っている。今回はダメだったかもしれないけど、次に生かしていこう、みんなに出会えてよかった。私は運がよかった。そう言えれば次は失敗することはないでしょう。

おわりに

ちょっと恥ずかしい口癖かもしれません。だけど、実際に口に出してみてください。「自分は運がいい。」心の切り替えです。そうすることで心に余裕が生まれ、自然と笑顔になります。

そんな人と一緒にいれたら自分も幸せ。そんな人に出会えて自分は運がいい。そう感謝していきましょう。心の持ちようで日々の幸せ、充実感が変わるのです。

「自分は運がいい。ありがとう。」心の中でつぶやいてみましょう。

Twitterで紹介!

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • F98f1f90 f713 415a bc39 2c96e202b481

本記事は、2010年10月17日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る