生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon learn語学・学習

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 受験合格への生活習慣の付け方

受験合格への生活習慣の付け方

2015年03月03日更新

 views

お気に入り

はじめに

受験は誰しもが苦労しながら合格を目指すことと思います。

ここでは、筆者自身が高校・大学の受験時に実践し、どちらも一発合格できた内容となりますのでお試し頂ければ幸いです。

受験までにやらなければならないこと

きちんと計画を立てて生活することが求めれます。では、どのようなことを実施しなければならないのでしょうか?

実践1~現在の自分を知る~

まずは今の自分自信のことをきちんと知りましょう。

  • 得意科目と苦手科目は何か?
  • 本番で緊張するタイプなのか?
  • 決めたことを守れる性格であるか?

実践2~受験までの日数と計画を立てる~

受験する必要がある科目とその出題範囲を調べましょう。どこまでを勉強しておく必要があるのか把握しなければ、必要な時間を検討できません。

次に、1日の生活時間の配分を考えます。例えば、「朝6時起床~夜23時就寝」までの時間内でやるべきことを曜日毎に1週間分を紙面にすべて書き出します。できれば30分単位で具体的に書き出した方が良いです。

休憩は1時間30分毎に15分程度を目安にとっていく方が良いです。集中力が1時間前後しか持たないと思いますので、長時間の勉強は効率が悪くなるだけです。

同じ科目を続けて勉強するのは、飽きがくるので効率が落ちてきます。
1時間30毎に一つの科目を勉強するのが良いでしょう。

次は、受験までの残り日数を計算して実践1で見直した得意科目と苦手科目にかける時間配分を調整します。苦手科目は時間を必要とするので、出題される範囲と残された日数から1日の勉強時間配分を考えてみてください。

実践3~計画を毎日きちんと遂行する~

「少しぐらい大丈夫」とずるずる甘えがくるのを防ぐためにも、
計画内容を書いた紙面を常に見えるところに張り、必ず計画通りに実施してください。

計画を立てるポイントとして、朝に勉強する時間をたくさん取ってください。日中の何倍も効率が上がると言われています。

おわりに

決められたことを守れない人は、誰かに時間配分と実施を管理してもらう必要があります。緊張性な人は、毎日計画通りにやれば自信となってきますので、自信を持って挑めると思います。

重要なポイントは、計画を立てることと、計画通りに必ず実施し続けることです。桜の季節に素晴らしい結果を手にされることをお祈りしております。

この記事で使われている画像一覧

  • 20101010151553

本記事は、2015年03月03日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る