生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon travel旅行・おでかけ

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 京都市内観光

京都市内観光

2013年10月31日更新

 views

お気に入り

はじめに

鴨川沿いカフェの川床

京都旅行経験6回程(内・ひとり旅3回)

京都旅行に何を求めるかで変わってくる部分はありますが、私の場合は観光スポット巡りが重要なので、宿には拘りません。アクセスの便利なビジネスホテルにします。

禁煙・ウォシュレット・ドライヤーが最低条件です。

ホテルの朝食は期待出来ないので付けません。

1泊2日新幹線往復付きツアーで、安い所だと2万円台で取れます。

さて、京都でオススメなのは、やはり桜と紅葉の時期です。

1「桜の京都」

この時期の京都は非常に人気が高いため、各社ツアー申し込み開始してすぐに定員一杯になる事が多いです。

大体3ヶ月前辺りから申し込み開始となりますが、桜の時期は開花予報とにらめっこし、ある程度賭けで予約するつもりでいた方が良いかもしれません。

予約が可能で、ある程度その年の傾向が読める微妙な所で予約を入れましょう。

迷ったら、遅めより早めの日程を選んだ方が良いです。そして可能であれば、2・3泊以上の余裕を持つ事をお勧めします。

そうすると、現地で3分5分咲きでも最終日には丁度良い頃合いになる事もあります。

桜スポットで是非廻って頂きたいのは銀閣寺〜南禅寺へと続く哲学の道・その先にある「インクライン」と呼ばれる所です。

そして鴨川の車道から降りた川沿いの道。ここはソメイヨシノと枝垂れ桜が交互に咲き乱れ、川に降りた歩道には、それはそれは見事な薄紅のトンネルが続きます。

余談ですが、ジョギングなどされる方は是非早朝にこのコースを走られる事をお勧めします。桜に誘われて、どこまでも走れてしまいますよ。

もし桜の時期を過ぎてしまった場合、仁和寺に「御室桜」という遅咲きのがあります。

ソメイヨシノより低木で、仁和寺の本殿前に広大な桜の林があり、満開期にはたくさんの茶屋や出店で賑わいます。

例年の満開期は4月の中旬〜下旬です。

2「紅葉の京都」

紅葉の時期は意外と遅く、紅や黄の鮮やかなコントラストを楽しみたいなら11月下旬〜12月頭くらいが良いと思います。

この時期、夜はビックリする程気温が下がりますので、暖かい格好や、折り畳み出来るダウン等持っていると便利です。

桜と違い、紅葉は市内中にあるので見方に拠っては何処でも楽しめますが、見事だと思ったのは東福寺です。

紅葉の時季、東福寺の方丈庭園は是非観て頂きたい。

京都で有名な「庭」といえば龍安寺の石庭が有名ですが、東福寺の方丈庭園は堂の東西南北にそれぞれ全く表情の異なった庭があり、その美しさには思わず息を飲みます。

庭園を臨む通路に暫く留まる人も多数です。

銀閣寺内の庭園も素晴らしいです。

その他おすすめ

5・6月〜9月いっぱいくらいまで、鴨川沿いのお店には川床席が設けられます。(写真参照)

お茶屋・飲み屋に限らず、最近はオシャレな川カフェにもあります。

夜は良いですが、カフェの昼間等、川床席は陽射しを遮るものが無く、かなり暑いです。

ランチ時は川床席に近い窓際の店内席の方が良いです。

注意事項

その他、一人では初夏の京都に行きました。

初夏はトップシーズンのGW明けの平日に行ったのですが、たまたま天気が悪かった事もあり、普段営業のお店が相次いで臨時休業していたり、清水寺周りのポピュラーなエリアでも15時半位で店を閉め始めたりしていました。

繁忙期後の平日は要注意です!

京都は山沿いでよく雨が降ります。

一日出る場合、天気の良い日でも折りたたみ傘は携帯した方が良いです。夏は陽射しが強いので、晴雨兼用だと便利ですね。

私の場合ですが、市内中心・市内オンリーで動く予定の場合は京都駅に着いてすぐ、観光案内所でバスの1日券を日数分買います。

市内の移動はバスが便利です。

電車も併せたフリーパスもありますが、バスオンリーの物で充分です。

市バス専用一日乗車券カード:1日500円

おわりに

あとは、ガッチリ予定を詰めるより、「ここは行きたい!」という所を点で押さえて、その他は気の向くままに、くらいが良いでしょう。

お店が閉まっていた、混んでいた、バスが進まない等でストレスを貯めない様にしましょう。

それでは、良い旅を。

(photo by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130103173556 50e542ec969cb

本記事は、2013年10月31日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る