生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon learn語学・学習

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 効率よく単語帳を使う方法

効率よく単語帳を使う方法

2010年10月16日作成

 views

お気に入り

目次

はじめに

受験生のみなさん。単語帳って使ってますか?

英単語や古語単語、果てには数学の公式、理科社会の単語をおぼえるのにも活用できる単語帳ですが、本当に活用できていますか?

単語帳を使って、おぼえた気になっても、実はおぼえられていないことってよくありますね。単語帳の使い方を変えることで、すっきりおぼえることができますよ!

方法

さて、その方法とはどんなものでしょう。単語帳を見る回数を増やす?色を変える?違うんです。

その方法とは、ずばり「自分にプレッシャーをかける」ということです。

自分にプレッシャーをかけておぼえなければいけない状況を作る

では、実際に、どのようにプレッシャーをかければいいのでしょう。受験ぎりぎりになってから・・・というのでは危険すぎますね。

そこで、単語帳を使う時にプレッシャーをかける方法として、「おぼえたら捨てる」という方法があります。現在では、多くの人が、単語帳を使う方法として「おぼえたら外す」という方法をとっていると思います。

しかし、それでは「おぼえてなかった・・・」という時にすぐに戻したり、再び見ることができてしまいます。「またすぐに戻すことができる」という安心感が無意識のうちにあるのです。

その安心感をなくす為に、「おぼえたら捨てる」というのを実践してみてください。電車で登校しているかたは、駅のホームなどにゴミ箱があると思いますから、そこでおぼえたものは破り捨ててしまいましょう!

おぼえたら捨てる!

捨ててしまうと、二度とそのページに会うことはできませんから、必然的に「確実におぼえるまでは捨てられない」ということになります。そのプレッシャーが、脳を刺激し、より確実におぼえられる状況を作り出します。

応用編

更に確実におぼえる方法として、冊子で販売されている単語帳を買います。およそ¥1000程度のものです。

高校生であれば、以下のようなものがオススメです。(英語)
データベース3000基本英単語・熟語
データベース4500 完成英単語・熟語

普通、そのように冊子で販売されているものは、ページをつけ外しすることはできません。

このような単語帳を一冊買い、電車の中で毎日読みます。そして、一ページおぼえきったら、駅のホームで破り捨ててしまいましょう!

一冊¥1000前後とはいえ、受験生にとってはそこそこの額だと思いますから、確実におぼえるまで捨てるなんてことはできないはずです。

おわりに

自分自身にプレッシャーをかけるということは、実はすごく難しいことです。あれもしたい、これもしたいという欲に負けてしまったりもします。

負けない為に、後戻りできないような体制をつくってがんばりましょう!

本記事は、2010年10月16日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る