生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon travel旅行・おでかけ

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. コンピュータ好きにおすすめ!シリコンバレーのコンピュータ歴史博物館

コンピュータ好きにおすすめ!シリコンバレーのコンピュータ歴史博物館

2013年10月30日更新

 views

お気に入り

はじめに

IT関連のお仕事をされている方やお子さんも含めてコンピュータに興味のある方々にお勧めの博物館です。シリコンバレーの歴史、コンピュータの発展の歴史を学ぶことができます。

ここでは2012年のクリスマス休暇にカリフォルニア州パロアルト市に行った時、高校生と中学生の二人の子供達の希望でコンピュータ歴史博物館を訪れたので紹介します。

コンピュータ歴史博物館について

アクセス

  • シリコンバレーの中心地マウンテンビュー市にあります。
  • サンフランシスコ空港から車で40分くらいです。
  • サンホゼ空港から車で20-30分くらいです。

開館時間

水曜日から日曜日 午前10時から午後5時

休館日

月曜日と火曜日

入館料

  • 13才以上:15ドル
  • 12才以下:無料

見所

コンピュータ歴史博物館はIT産業の集積地カリフォルニア州シリコンバレーに位置して、世界最大級の重要なコレクションで多くの貴重な物、1点しかないものが展示されています。

そろばんや簡単な計算機からはじまって、IBM やAppleといった主要メーカーの創成期の製品やコンピュータとその関連製品の歴史を紹介した貴重な展示品が揃っています。

Apple-1、IBM System 360、UNIVAC1、Cray-1 super computingなどは、コンピュータに詳しい方なら思わず感激の声をあげてしまうかもしれませんね。

ビデオの説明などを観たり、機器をゆっくり観ると2時間はかかります。

コンピュータに興味のない人との観光の場合

コンピュータに関心がない人にとって、コンピュータ歴史博物館はあまり楽しい場所ではないかもしれません。

博物館の近くにはスタンフォードショッピングセンターがあり、有名ブランドのお店、デパート、レストラン、ファーストフードやカフェがあります。そこへドロップオフして別行動するといいかもしれません。

博物館の向かい側の通りには映画館もあるので、同行者が映画を観ている間に博物館へ行くことも出来ます。

筆者は時間の都合で行けませんでしたが、他にもこの博物館から車で15分程のところにIntel社内の博物館(無料)があり、そちらもいいそうです。

おわりに

いかがでしたか。ここではコンピュータ好き向けにシリコンバレーのコンピュータ歴史博物館を紹介しました。博物館のショップでお土産も忘れずに。ぜひお試しください。

(photo by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130103095558 50e4d71e7953a

本記事は、2013年10月30日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る