\ フォローしてね /

「お見舞金」を用意するときに気をつけること

お見舞いと言えば花や果物を想像しますが、細菌の関係上生花が禁止されている病院もあったり、病気などですと食品類も制限があったりして、何を持って行けば良いのかわからない場合が多いです。

そのような場合品物の代わりに気持ちをお見舞金としてお渡ししましょう。

お見舞金のお金について

金額について

一般的には2千円~1万円程度のようです。

大変お世話になっている方などでしたら1万円もあるでしょうが、会社の同僚や友人等でしたら3千円程度、親戚関係や上司だったら5千円程度が相応しいかと思います。

あまり多すぎても相手を気遣わせてしまいます。目上の方でしたら、商品券などを包むのも良いかと思います。

お見舞金は気持ちですから多少の増減は構いませんが、死に繋がる4千円、苦に繋がる9千円は避けた方がいいでしょう。そもそも、4千円や9千円はお札の数も多くなりすぎて、半端な印象を受けます。

お札について

不祝儀事は、旧札を使うのがマナーとされています。待っていた出来事ではないので旧札を使いますが、あまりに汚れていたり破れているお札は避けましょう。

封筒について

お見舞金用の封筒も市販されていますが、お見舞金の場合、香典袋や祝儀袋程気を遣わなくても良いかと思います。

水引等のついていない普通の白封筒等でも構わないでしょう。ともあれ、おめでたいことではないので派手な封筒は避けます。

水引封筒を使う場合、病気や怪我は2度あってはいけないことなので、結びきりを使います。また、のしは普通つけません。ちょっと派手になりすぎますし、のしは「病気が長引く」として嫌う方もいます。

封筒を使わず、自分で包む方法もあります。

お見舞い金包み等に使える折り方の紹介

封筒や包みの表に「お見舞」と一筆入れておくと分かりやすいですが、お見舞金の場合無記入でも特に問題ないかと思います。

渡すさいのマナー

ひとまずお見舞いの言葉を述べたら、「お見舞いの品の代わりに」「何がいいか判らなかったので」等添えてお見舞金を渡すと、相手を気遣わせずに渡せます。

少額でしたら、「快気祝いは不要ですので」等添えるのも気が利いていていいですね。

最後に

お見舞金は気持ちですから、マナーに関してはさほど神経質にならなくても良いかと思います。

上記は全て病気や怪我で入院している方へのお見舞金を想定してご紹介しましたが、災害(地震や火事等)でのお見舞でしたらもう少し金額を上げたり、被災された方が現在不足して困っている物品をお渡しするのも良いかと思います。

(photo by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。