生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon moneyマネー

  1.  
  2.  
  3.  
  4. ズボラ主婦向け!家計簿をつけながら家計を見直すポイント

ズボラ主婦向け!家計簿をつけながら家計を見直すポイント

2013年10月29日更新

 views

お気に入り

はじめに

毎月毎月の家計のやりくり、頭が痛いですよね。

今回は、著者が体験した「共働き」「5人家族のママ」が行き着いたエクセルを使った家計簿の管理法をご紹介します。

家計簿をつけるツール

著者が利用しているのが、マイクロソフト社が提供しているエクセルです。特別なフォーマットを仕入れる必要はありません。月ごとに一列使い、最後に合計を出せばOKです!

家計簿を見直すためのポイント

1:仕訳はシンプルにしよう!

家計簿の仕分けを食費、光熱費、とやっているうちに「このレシートはどこに分けたらいいのか?」

見覚えのないお店&品名のないレシートをみて「何を買ったのか?」エクセルを打つ手がとまり、だんだんやらなくなりました。

かといって、「もらったレシートを何もせずに捨てる=家計管理を放棄している」でよいのか、著者はとても悩みました。

そこで考えたのが、レシート内の項目を分けずにただ打ち込むことです。そうすることで、ただ1か月分を入力して合計を出すだけになります。

仕訳に頭を悩ませなくて済むようになったことで、パソコンに向かいエクセルを開く気になりました!

一か月分の合計を出し、自分の財布から出て行った大体のお金を把握します。

レシートがもらえなかったものなど、細かいことは気にせず、とにかく「エクセルで家計簿をつけて、どれだけ現金がでたか」を数字として理解するのが目的です。

2:通帳やカードの引き落としも入れる!

あわせて、通帳やカードの引き落とし明細もエクセルに入れられると、現金だけでなく、銀行口座から払い込み先へ、自分の手元に来なかったお金の流れもわかるようになります。

3:毎月の増減を別シートにまとめる!

数字だけでもいいですし、グラフにするともっとわかりやすいです。著者は最近、折れ線グラフにしています。

項目としては、

  • 現金(レシート分)と通帳から引き落とされた光熱費等の合計

の一点のみです。

グラフの作り方はこちらを参考にしてみてください。:Excelで作成したグラフの見た目を整える方法

エクセルでつけた家計簿の内容を旦那と共有する

わかる人が著者だけでなく、旦那にも先月はこれくらいだったと共有します。

小遣いの使いすぎ防止に効果的です!

家計簿を見直した結果

コンビニで使うお金=レシートの数が多いことに、愕然。

なるべく毎日行かずに、うちから持っていけるもの(お茶は市販のお茶パックにいれてのむ等)は持っていくことに。

ペットボトル等のごみも増えず、添加物のいろいろ入った飲み物も飲まず、お金も減らず、一石三鳥です!

おわりに

著者的には、家計簿をつける目的は「そのつきにどれくらい現金(預金)を使ったか?他の月に比べて使いすぎたかどうか?」です。家計簿をつける目的を考えれば、手段が絞れてくると思います。

みなさんも、自分にあったやり方をみつけてください。

(photo by 足成)

この記事で使われている画像一覧

  • 20121217130604 50ce9a2c3500f

本記事は、2013年10月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る