生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon travel旅行・おでかけ

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7.  
  8. 茨城県奥久慈の絶景を見る旅おすすめポイント

茨城県奥久慈の絶景を見る旅おすすめポイント

2012年12月28日作成

 views

お気に入り

目次

はじめに

日本三大名瀑というのをご存じでしょうか。栃木県の華厳の滝、和歌山県の那智の滝、茨城県の袋田の滝がそれです。今回は茨城県奥久慈へ滝を見に出かけた時の体験談を紹介します。

旅行概要

5年前の11月、夫婦で東京からの日帰り旅行でした。目的はただひとつ、「絶景と言われる袋田の滝を見ること」。二人とも滝に興味があり、どこへ旅行する時も有名な滝があれば必ず訪れています。

袋田の滝とは

久慈川支流の滝川上流にある滝で、茨城県指定名勝。別名「四度の滝」、意味は滝が四段階に分かれて落ちるところからくるものと、一年に四度(四季)訪れて初めて本当の良さがわかるという西行の言葉からとされています。日本の滝百選にも選定されています。

旅行詳細

JR水郡線の袋田駅からバスで10分くらいで滝本バス停に到着。ここから歩いて10分ほどです。袋田の滝トンネルを通り抜ければひとつめの観漠台があり、見上げる位置でしばし鑑賞。エレベーターで上に上がると上から見える位置になります。それから階段を上って三つ目の観漠台からは全景を楽しみました。

トンネルは利用料が要ります。大人300円 小人150円です。観漠料のようなものです。

周辺には宿や飲食店、土産物店などが幾つかありそこで鮎の塩焼きやこんにゃく田楽などの名物料理を食べました。

帰りはバスに乗らず袋田駅まで秋の景色を楽しみながら歩きました。かなり時間はかかりましたが(40分程)下りなのでそれほど苦痛ではありませんでした。

袋田の滝のおすすめポイント

長さ120m幅73mの迫力ある滝が真近で見られることが最高です。黒い岩肌を滑り落ちるような水の姿と音も堪能できます。また色々な角度で見られるのも他では味わえない良さです。

詳細はこちらを参照→大子町観光協会ホームページ
こちらで滝のライヴ映像を見ることができます→
大子町ホームページ

まわりの風景とも溶け込み、一度見るとまた別の季節に見たくなる魅力ある滝です。

鉄道ファンにもおすすめです

著者は特に熱心な鉄道ファンではないので行ってみて気づいたのですが、袋田駅の近くに沢山の「撮り鉄」と呼ばれる人達がいました。駅のホームや駅周辺の線路沿いに皆さんカメラを構えてJR水郡線の車体を撮影されていたのです。

帰って調べてみると鉄道ファンに人気の路線で、期間限定でSLも走るそうです。ファンにとっては袋田の滝だけでなく鉄道を楽しめる旅にもなりそうですね。

こちらは水郡線の情報サイト例です。→茨城県公式サイト

アクセスに関するアドバイス

袋田の滝周辺は駐車場があまり多くはなく、著者が訪れた日も紅葉シーズンでしたので満車が多かったようです。また水郡線やバスの便もそれほど多くはないので、予めチェックしておいたほうが良さそうです。

ちなみに著者が滝からの帰りに歩いたのも、バスの時刻が合わず待ち切れなかったからです。

おわりに

いかがでしたか。滝の魅力は写真などでは伝わりにくいですね。迫力のある水しぶきや音を是非生で体験してみて下さい。どの季節でもきっとすばらしいと思います。

(Photo by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20121228170518 50dd52be1c864
  • 20121228182249 50dd64e9a2d8e
  • 20121228174617 50dd5c5904e48

本記事は、2012年12月28日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る