生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon moneyマネー

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 健康診断受診は慎重に!生命保険に加入をする時の注意

健康診断受診は慎重に!生命保険に加入をする時の注意

2012年12月27日作成

 views

生命保険は、残された家族のためのものでもあります。

これは著者の主人が生命保険に加入した時に、審査がおりず苦労した体験談です。

皆様の参考になればと思い、書くことにしました。

目次

主人の加入時の年齢

40代後半で加入しました。

保険を選ぶ方法

イオン保険マーケットを利用し、加入しました。

沢山の保険会社をご紹介し、仲介してくださるところです。

契約時の流れ

STEP1:加入する保険を選ぶ

イオン保険マーケットで、様々な保険を見せて頂きました。主人は、収入保障の保険に入る予定だったため、それを中心に選びました。

NKSJひまわり生命「収入保障保険」

STEP2:加入する保険の書類に記入する

入る保険を決めたら、書類に記入をします。その際、前回の健康診断書があれば添付を求められます。

ない場合は、その保険会社が契約している医院で健康診断を受けることになります。主人は健康診断書を紛失していたので、健康診断を受けました。イオン保険マーケットが提携している医院でした。

医療保険では必要なかったのですが、収入保障保険の場合は、健康診断書か、医師による健康診断が必要となりました。健康診断の費用は無料です。
健康診断の内容は、体重、身長、血圧、検尿ぐらいです。ただ、保険内容によっては違いがあるそうなので、ご確認下さい。

STEP3:入金する

保険料の振込み用紙が送られてきたので、入金しました。

STEP4:審査の返事が来る

その数日後、審査の返事が来ました。

ですが、審査が下りないという答えでした。主人は喫煙をしないので、安い方の金額で加入できるはずだったのですが、健康診断の結果により、安い金額では審査が下りなくなってしまったのです。

毎月の保険料がかなり違ってくるため、いったん保険の申し込みをやめる事にしました。数日後、入金した金額は返還されました。

STEP5:もう一度申し込む

一か月後、イオン保険マーケットに行き、もう一度加入したいと申し出ました。その際、家の近所の委員で健康診断を受けられないか、調べてもらいました。

すると、我が家の主治医になって下さっているお医者さんが保険会社と提携されていたのです。

やはり知らないお医者さんの前だと、緊張しがちです。そのため、筆者の主人は血圧があがり、よくない結果が出てしまったようでした。

STEP6:保険加入が認められる

もう一度書類に記入してから、医院へ提出する書類を受け取り、そのまま主治医の先生のところで健康診断を受けました。

後日、きちんと希望どおりの金額で審査が通ったという連絡があり、保険加入となりました。

注意事項

健康診断書がないと、収入保障の保険は高額になります。

健康診断が必要をした方がいいでしょう。出来るだけ知り合いのお医者さんで受けられることをお薦めいたします。もちろん、保険会社と提携されている所で受ける事が条件となります。

保険案内所などで申し込みをすると、その場に見知らぬお医者さんが来たり、すぐ近くの医院を案内されたりします。

そこで健康診断を受けがちですが、緊張して悪い結果が出ても、再度健診をお願いすることは出来ないのです。

著者たちのように、いったん保険の申し込み自体を取り下げれば、再度健診を受けることが出来ます。
健康診断を受けられる場合は、その朝、珈琲などを飲まれないことをお薦めいたします。血圧があがってしまう可能性があるためです。医院にも表示されてありました。主人も、一度目の時、珈琲を飲んでいました。

おわりに

生命保険は金額が大きくなれば、加入条件も難しくなってきます。

でも、出来るだけ安い金額で入りたいのは当然のことです。そのためにも著者の主人のように、慣れた場所で健康診断を受けられますことをお薦めいたします。

(image by amanaimages)
(photo by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20140306150741 531810ad90b1e
  • 20121227125232 50dbc60091ece

本記事は、2012年12月27日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る