\ フォローしてね /

子供が英語に興味を持ってくれる方法

筆者は英語が大好きで、日記みたいに英文を書いたりカラオケで洋楽を歌ったりもします。

英語はのめり込むと本当に楽しいです。のめり込むまでが肝心かも知れませんね。

洋楽を聴かせる

音楽はほとんどの人(子供)が好きかと思います。洋楽を勧め、たくさん聴かせて下さい。邦楽と同じく様々なジャンルがあるので、必ず気に入るものが見つかると思います。

筆者も英語への登竜門は洋楽からでした。発音のマネや歌詞の和訳など、音楽を楽しむかたわらで英語を学びました。

洋楽は英語が苦にならない最高のものです。絶対にお勧めしておきたいです。

英語のカッコ良さを教える

例えば、

ファントム

ソニック

チェスター

など、このようなカタカナ表記のカッコイイ響きの単語は大体が英語です。これを子供に教えて下さい。子供はカッコイイものに強く憧れる傾向があります。

カッコイイ英単語は他にも山ほどあります。ちなみに筆者もそのカッコ良さに惹かれていました。

英語を勉強と捉えさせずに日常で使うものと意識させる

勉強と捉えると苦手意識を持ち、嫌になってしまいます。英語はあくまでも日常で普通に使うものです。

子供が英語は身近で使うものと意識・自覚出来るように、親御さんが普段から英語をちょくちょく使うようにして下さい

「知らないわ」→ 「I don't know」

「解ったよorなるほど」→ 「I see」

「それ取って~」→ 「Pass it to me ~」

と、このような簡単な言い回しからで良いので身近に英語をありふれさせ、英語に対しての固定観念や意識を根本的に変えさせることが大事です。

親も子供と一緒になって英語使う(学ぶ)姿勢でいること

おわりに

英語は一回身に付けてしまえばずっと使えるので大変便利で有意義です。楽しみながら取り組んで下さい!

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。