生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 部屋のいらないものを無くす方法

部屋のいらないものを無くす方法

2010年10月14日作成

 views

お気に入り

目次

はじめに

クローゼットの中は何年も着ない服や靴でいっぱい。気づくと足の踏み場のないほど、物で溢れていたりする部屋。ノリで買った雑貨はそのへんに、埃だらけで転がっていたり…。

そんなにぐうたらじゃない!という方でも、なかなか日本人の「もったいない精神」でものを捨てられなかったりするものです。

そこで「ドミニック・ローホー」の考えの中から、自分なりにためになったポイントをご紹介します。
シンプルに生きる―変哲のないものに喜びをみつけ、味わう

ポイントその1

好きだけど一度も使用したことのないものは処分する。

迷いが出るものは捨てる

難しいですが、だいたいその時点で必要ありません。

大事なもの以外いらない

読んでそのままです。

欲求と必要を区別する

「あるとよさそう」などというものは、ほとんど邪魔になります。

ポイントその2

場所移動は「片付け」ではない。

とっておくものの数を決める

○○は二つ、と決めておくと増えません。

ものの置き場所を決める

使ったらもとの所へ戻します。

ひとつひとつのものを必要か考える

細かいものでも「要るのか」と考えてみます。

ポイントその3

買ったら捨てる。

良いものをより良いものと交換する

新しいものを買ったら、古いものは即捨てましょう。

新しく買うものは「小さいもの」にする

大きさ、重さにおいて、前持っていたものより小さいものにします。

空き箱、袋などはすぐ捨てる

これは、絶対といっていいほど使いません。

おわりに

「捨てる」という行為は簡単だけれど、そこに行きつくまでにあれこれと悩んでしまいがちです。けれど、一旦捨ててしまえば、案外すぐに忘れてしまうものです。

写真や大事な人からの贈り物以外は、必要ならまた買える…ということを頭に入れておきましょう。

本記事は、2010年10月14日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る