生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon cook料理

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 保存も処分もルールを守って!揚げ油の後処理の方法

保存も処分もルールを守って!揚げ油の後処理の方法

2012年12月26日作成

 views

お気に入り

目次

はじめに

揚げ物が大好き!という方も多いのではないでしょうか?しかし、揚げ物をした後の油の処理をどうしたら良いか、意外に悩みませんか?

そこで今回は、「保存も処分もルールを守って!揚げ油の後処理の方法」をご紹介します。

揚げ油を保存する場合

揚げカスをきれいにとる

揚げ物をした後の残った揚げカスは、油のいたみの原因になるそうです。揚げカスは、網じゃくしなどできれいにすくい取りましょう。

網目の細かい網じゃくし例

揚げ油をこす

油の温度が下がったら、こし器でこします。油こし器などを利用するとスムーズにこすことができます。

その際、キッチンペーパーなどを敷いてこすと、小さな揚げカスの残りも取り除くことができます。

揚げ油が冷めたら保存

油がしっかり冷めたら、水や、虫などが入らないようきちんと蓋を閉めて冷暗所にて保存します。また一度使用した油は、できるだけ早く使うようにしています。

油が熱いまま蓋をしないように気をつけます。蓋の裏に水蒸気が溜まることによって油に水が入らないようにするためです。
フッ素樹脂加工してあるものや、ホーロー製などのオイルポット(専用容器)を使うと、こし網や蓋などもついており便利です。

揚げ油を処分する場合

牛乳パックを利用して捨てる

空の牛乳パックに新聞紙などを詰めて、油が冷めたらゆっくり流し込みます。紙パックの口を、ガムテープなどでしっかり止めて燃えるゴミとして捨てています。

最後に残った油は、キッチンペーパーや不要な紙などで拭き取るとエコで洗い物も楽になります。

処分する際の注意点

気温が高い夏などは特に発熱して自然発火する場合があるそうです。処理した揚げ油は早めに捨てましょう。

環境のためにも、油を流しに流すことは禁物です。

おわりに

いかがでしたでしょうか?

揚げ物は手間がかかるイメージがありますが、ルールにしたがって処理すればそれほど大変なことではありません。

この記事が皆さまのお役に立てば幸いです。

(photo by 足成)

この記事で使われている画像一覧

  • 20121226151510 50da95ee26c0f

本記事は、2012年12月26日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る