生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. ロングブーツの形をキープしたまま玄関に置く方法

ロングブーツの形をキープしたまま玄関に置く方法

2010年10月14日作成

 views

お気に入り

目次

はじめに

ロングブーツはお洒落だし、寒い時期には暖かくて助かります。でも場所をとるし、管理が大変なんですよね。

そこで、ロングブーツの形をキープしたまま玄関に置く方法を紹介します。

用意するもの

ブーツキーパー

筒状のぬいぐるみのようなブーツキーパー。見た目も可愛いですし、中が詰まっているタイプならブーツによってはコレだけでも形がキープ出来ます。はさむタイプと違って、ブーツにあともつきません。

活性炭やシリカゲルなど消臭効果のあるものが使ってあるタイプは、さらに便利です。

厚紙

ブーツの形を崩さないために厚紙を使います。買ったときに付いていた物があれば、それを使います。

やり方

STEP1

ブーツを脱いだら、消臭剤を使うなどお手入れを行います。

STEP2

ブーツに厚紙を筒状に入れます。買ったときに付いていた物があれば、それを使います。

真ん中にブーツキーパーの入る隙間が必要です。サイズが合わない場合は切ったりして調整してください。

STEP3

厚紙の真ん中にロングのブーツキーパーを入れます。

STEP4

終了。

おわりに

ぬいぐるみタイプのブーツキーパーを使うと、見た目が可愛いので玄関に置いておいても可愛くて和みます。中身がキチンと詰まっているタイプの方が立ちやすいので便利です。

厚紙を使うことで、湿気対策にもなります。ブーツを買ったときに付いていたものを使い回せば、手間もお金もかかりません。

一回形を崩してしまうと痛みが早くなるので、この方法をするなら、ブーツと一緒にブーツキーパー買うくらいのタイミングの方が効果的だと思います。

本記事は、2010年10月14日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る