生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon travel旅行・おでかけ

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7. 12月前半のハンガリー旅行の服装

12月前半のハンガリー旅行の服装

2013年11月01日更新

 views

お気に入り

はじめに

12月の始めに、ハンガリーの首都ブダペストへ旅行に行きました。冬も本番に入ったハンガリーは雪の降る日も少なくありません。

ここでは、筆者がハンガリーに旅行に行った時の気候について紹介します。

12月のハンガリー

12月のハンガリーは、マイナス5度近くにまで下がり、とても寒くなります。滞在中には雪がちらつく日もありました。

川沿いでは風がきつく、特に寒く感じました。

服装

ダウンのコートにブーツと、日本の真冬と変わらない服装でした。手袋やニット帽は必需品です。

調節のしやすい服装・重ね着

  • ブダペストに行き、夜景を見に行く人は多いと思います。夜になると、気温もグッと下がります。筆者は、夜に外出した際は昼間の服にもう1枚重ね着をしました。
筆者は、昼間はヒートテック、長袖Tシャツ、カーデガン。夜は、更に薄手のニットを重ねて着ていました。
  • レストランやカフェなど、室内は暖房が効いていてとても暖かいので、コートの下は調節のしやすい服装がオススメです。
筆者は、カーデガンや薄手のニットを重ね着し、簡単に脱ぎ着出来き、調節できる服装をして行きました。

防水・滑りにくい靴

  • 数日前に降った雪が残り、凍っていた所も多くありました。
  • 人通りが多いところは、凍らないように塩をまくので、防水でない靴には、しみが出来てしまいました。

おわりに

いかがでしたか?

ハンガリーの緯度は北海道と同じくらいです。冬の寒さはとても厳しいですが、ブダペストはとても美しい所でした。

(photo by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20121224072526 50d784d6abc1f

本記事は、2013年11月01日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る