生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon moneyマネー

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 株式取引のお得ワザ!株主優待の権利確定日を利用して利益を得る方法

株式取引のお得ワザ!株主優待の権利確定日を利用して利益を得る方法

2016年05月11日更新

 views

お気に入り

はじめに

株式取引の基本は、「株価が安いときに買い、高いときに売る」ことです。ここでは、「株主優待の権利確定日近くに現金(売却益)を得る方法」を説明します。

株価の上昇を利用して現金を稼ぐ方法

株主優待がほしくて株を買う人がいるため、株主優待の権利が得られる権利確定日の1~2ヶ月前頃から、株価が上がる傾向のある企業があります。

その理由は、権利確定日の前に「優待がほしいから株をもっておこう」という投資家が株を買うためです。

必ずしも株価が上がるわけではありません。

そして、権利確定日をすぎると、「もう優待の権利は手に入れたのだから、株を売ってしまおう」という投資家がいるため、株価は急にさがっていくことがあります。

そのため、あらかじめ株価が安いときに買っておいて、優待の権利をもらう前、つまり権利確定の直前の株価が高い時に売って利益を出すという方法があるのです。

でもやっぱり優待は欲しい…

ただ、株主優待がついている株なのに、優待をもらわないで売ってしまうのは少し寂しい感じがしますね。「株の利益も優待も両方手に入れたい」のであれば、それを叶える方法もあります。

例えば、1株から優待が受けられる企業の株を安いときに10株買っておいて、権利確定日の株価の上がったところで9株を売り、残りの1株で優待を受け取るという方法です。

この方法なら、9株分の売却益と、1株分の株主優待を獲得することができるのです。

おわりに

ここでは、株主優待の権利獲得できる時期を利用して現金(売却益)を得る方法・現金(売却益)と株主優待の両方を得る方法を説明しました。

株主優待の権利確定日が近くなると大きく株価が変動する傾向があるので、この時期に現金と株主優待のどちらを取るか考えてみましょう。

(photo by amanaimages)

(イラスト by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130402103919 515a36c7cc202
  • 20121225150019 50d940f3dbb54

本記事は、2016年05月11日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る