生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon childcare育児・教育

  1.  
  2.  
  3. 我が子がいじめに遭っているとわかった時の親の対応方法

我が子がいじめに遭っているとわかった時の親の対応方法

2013年03月08日更新

 views

お気に入り

はじめに

我が子がいじめに遭っていると知ったら、学校の先生に連絡したり、相手の親に電話したり、乗り込んで行ったりしがちですが・・・いじめられる側にも原因があると言われたりもします。

しかし、親としてやるべきことは相手の親と戦うことではなく、自分の子供の話をちゃんと聞いて、どう対応すべきか一緒に考え、自分の子供にもいじめられる原因があれば注意してあげることが必要です。

今回は、我が子がいじめに遭っているとわかった時の親の対応方法を紹介します。

ポイントその1 学校の話をしやすい、本音を言いやすい環境を作る

これは、日頃からの積み重ねが必要となります。いじめに気付いた時に、話をしやすい環境を作るのは不自然で、子供自身も心を閉ざしてしまいがちです。

日頃からコミュニケーションを取り、毎日学校であったことを子供が自然と話せる環境を作っておく必要があります。

その上で、初めて親から子供に「最近変わったことはなかった?」などといじめに関する詳細を聞けるのではないでしょうか?

ポイントその2 子供が話している時は、共感してあげる

オウム返しをすれば良いと認識してもらったら良いと思います。子供の言うことをオウム返しすることで、子供は受け止めてくれた・共感してくれていると認識します。

とりあえず、話を聞く時は共感してあげましょう。さらに、親から子供へのアドバイスは、子供が全て話してスッキリしてからにしましょう。

ポイントその3 YES・NOをハッキリ言えるよう教えてあげる

子供は自然と過剰に皆と足並みを合わせたり、意思表示を示さなかったりしがちです。そうすることで、周りの友達と距離が出来るのが怖いからです。

大人になって同じような行動を取るのは、世間体が・・・などという理由などからが多いですが、子供は友達と親だけの小さな環境の中で生きています。

その小さな環境の中で、自分の意思表示が上手くできなければ、大人になって一人で抱え込みうつ病などになりかねません。日頃から自分でYES・NOを親以外の人にも言えるようにしつける必要があります。

これも度が行き過ぎるとわがままになりかねませんので、意思表示と我がままの区別はつけるように親がきちんとしつけるようにしましょう。

おわりに

いじめは、なくなるものではありません。残念なことにいつの時代にも、どんな地域にも存在します。

しかし、いじめは人のせいにすることでは解決しません。子供のメンタル面を親がフォローしてあげれば、自然と解決の糸口が見いだせると思います。

この記事で使われている画像一覧

  • 20101013120833

本記事は、2013年03月08日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る