生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon learn語学・学習

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 部活と勉強をうまく両立させるコツ

部活と勉強をうまく両立させるコツ

2013年11月02日更新

 views

お気に入り

はじめに

一度しかない高校生活。勉強に部活に頑張りたいですよね。

ここでは、著者が高校時代に実践していた勉強と部活の両立の方法をご紹介します。

勉強と両立していた部活の内容

バレーボール部に所属していました。県大会では毎年ベスト8以上で、県の強化選手に選ばれている部員もいたため練習はハードだったと思います。

朝練、昼練は当たり前で、放課後も遅くまで練習がありました。

どれぐらいの学業成績だったか

地方ではありますが、県の中で進学校と呼ばれている高校で、3年間平均して学年400人のうち50~100位ぐらいでした。

両立するための具体的な方法

進路を明確にしておく

「何のために勉強をするのか」を早いうちに明確にしておくと、部活だけでなく勉強にも力が入ると思います。

著者の場合は将来の夢が決まっていたので、それに向かって行きたい大学が早いうちに決まっていました。それによって、部活に熱中しながらも、勉強へのモチベーションが保てました。

部員全体で協力する

ノートの貸し借り、予習の答え合わせ、勉強の教え合いなど部員全体で協力し合いました。特に、著者が苦手な数学や物理などは、休日の部活の後などに数学が得意な部員に教えてもらいました。

著者の部活は、顧問の方針で「定期テストで赤点をとったら次の試合に出してもらえない」というルールがあったので、勉強に対してもみんなで協力するという体制になったのかもしれません。

塾の自習室、図書館、ファミレスを利用する

部活が終わるとすぐに図書館か塾の自習室に移動し、復習や予習をしてから帰りました。家に帰ると気が抜けてすぐ寝てしまうからです。

休日は、部活が終わった後、他の部員と図書館に行って勉強しました。休日のうちに、英語や古文・漢文の予習は数日分まとめてやっておく、他の教科に関しても一通り読んでおくのがオススメです。

図書館や自習室では、他に勉強している人がたくさんいたのも良い刺激になりました。ただ、図書館や塾の自習室では、私語は禁止なので、勉強の教え合いをするときはファミレスやカフェを利用しました。

隙間時間の活用

電車での移動時間やお風呂に入る時などの隙間時間を利用して、英単語や用語の暗記をしました。手帳サイズのノートと単語帳、市販のポケットサイズの暗記用参考書を持ち歩きました。

授業の質問はすぐに聞く

授業中にわからなかったことは、授業が終わった直後に先生を捕まえて聞くようにしました。わからないことが積み重なると、定期テストの前に困ることになるので、出た疑問はなるべくその場で解決できるように心がけました。

おわりに

高校時代は一生に一度です。だからこそ、勉強も部活も遊びも恋も全力で頑張ってほしいです。

著者の経験が、少しでもお役に立てれば幸いです。

(photo by 足成)

この記事で使われている画像一覧

  • 20121223230721 50d7101988552

本記事は、2013年11月02日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る