\ フォローしてね /

りんごを使った美味しいおつまみの作り方

このライフレシピのもくじたたむ

りんごはそのまま食べるのももちろん美味しいですが、少し手を加えるとさらに美味しくなります。

よくお菓子作りに使いますが、それだけではありません。今回はおつまみとして食べる、いつもとはちょっと違ったりんごの味わい方を紹介したいと思います。

少し意外な感じもしますが、簡単で美味しいのでぜひ作ってみてください。酢豚にパイナップル等の組み合わせが駄目な人でも食べられると思います。

材料

  • ハーフベーコン 8枚
  • リンゴ 1/2玉
  • オリーブオイル 適量
  • ブラックペッパー 適量

作り方

STEP1: 準備

まず、りんごはスティック状に切っておきます。生のまま食べるときと同じように切り、それからさらに細く切るとやりやすいです。

[photo by 著者]
こんな感じです。

次にベーコンですが、普通サイズのベーコンだと長すぎるのでハーフベーコンで作ることをおすすめします。もし普通サイズしかない場合は半分に切って使ってください。

ちなみにハーフベーコンとはこのサイズのものです。

[photo by 著者]

STEP2: 巻く

ベーコンの上にりんごをのせて巻いていきます。のせる量に決まりはありませんが、多すぎると巻けないのでその点だけ注意しましょう。

巻いたらピックや爪楊枝などで刺して、開かないようにしておきましょう。しっかり留めておかないと焼くときに中身が出ます。

STEP3: 焼く

フライパンで軽く焦げ目がつくまで焼きます。ベーコンがこんがりとしてきたら火からおろして大丈夫です。

りんごは少ししゃきしゃきしていたほうがいいと思うので火のとおりは気にしなくても良いでしょう。

焼けたらお皿に盛り、オリーブオイルとブラックペッパーをお好みでかけて完成です。

その他にも…

りんごだけではなく、チーズ等をプラスしてもボリューム感と塩気が増してさらに美味しくなります。

チーズも一緒に巻いて焼く場合はSTEP2でりんごと一緒に巻き、STEP3の焼くところでフライパンではなくオーブントースターや魚焼きグリルなどにアルミホイルかクッキングシートを敷いて焼いてください。

フライパンだとチーズがはみ出てフライパンにくっつき、出来上がったときにはベーコンの中にほとんどチーズが残ってないという状態になる場合があります。

おわりに

おつまみにりんごを使うなんて一見ミスマッチな気もしますが、ベーコンやチーズなどの塩気のある食材にもよく合いますよ。

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。