生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon moneyマネー

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7. スクールスタッフが語る!正しい教育訓練給付制度の利用法

スクールスタッフが語る!正しい教育訓練給付制度の利用法

2012年12月23日作成

 views

はじめに

職業訓練として国から認められた講習を受講した際に、受講費用の一部が還元される「教育訓練給付制度」。

筆者は専門学校勤務のため、受講者の制度利用の諸手続きも業務として行っています。受講者の方が悩むポイントや、トラブル事例を経験を元にご紹介します。

教育訓練給付制度のトラブル事例

トラブル例と解決策

給付制度の対象ではないのに、講習を申込み、受講した。

〈解決策〉自分が給付制度の対象であるかどうかを事前にハローワークでしっかり行って下さい。受講スタート日において、雇用保険の被保険者としての期間が1年以上あれば大丈夫です。

教育訓練給付制度を過去に使ったことがある場合は、前回支給を受けてから3年経過をしなければ、制度利用ができません。

講習終了後、ハローワークへ申請手続に行くのを忘れてしまい、受給ができなくなった。

〈解決策〉これは致命的!ルールとして、講習修了から1ヶ月以内にハローワークへの書類手続きが必要です。

遅れてしまった場合には、基本的にどうにもなりません。

給付対象と思って受講した講習が、対象外だった。

〈解決策〉給付制度を利用して受講することが前提であれば、事前のリサーチをしっかり行いましょう。修了時に気付いても後の祭りです。

学校によっては、給付対象講習へのコース変更を受付るケースもあります。

よくある相談、心配点

転職を考えての講習申込み、会社には内緒ですが教育訓練給付制度利用により、職場にバレませんか?

〈回答〉この制度は、雇用保険被保険者の方(もしくは被保険者であった方)が対象の制度。国と個人との間のシステムのため、支給申請にあたって、勤務先の企業にバレたりする可能性は皆無です。

まとめ

教育訓練給付制度は、本来は、「求職者」向けの支援システムです。しかしながら、現在お仕事に就いている方でも利用できるため転職を計画している方にも使いやすい制度です。是非、上手に活用してみて下さいね。

(photo by 足成)

この記事で使われている画像一覧

  • 20121222013101 50d48ec512a1f

本記事は、2012年12月23日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る