生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon cook料理

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7. お湯ドボン方式!ほったらかしローストビーフの作り方

お湯ドボン方式!ほったらかしローストビーフの作り方

2012年12月23日作成

 views

お気に入り

はじめに

ポリ袋を使った真空調理のローストビーフです。

難しい技術も、道具もいりません。フライパンでお肉の表面に焦げ目をつけたら、ポリ袋に入れて、熱湯にドボン。あとは1時間ほど放っておくだけの簡単レシピです。

クリスマスにも、お正月のおもてなしにも、パーティーにもぴったりのジューシーなローストビーフをどうぞお試しください。

材料 (6人分)

  • 牛もも肉(ブロック)... 500~600g
  • 塩... 適量
  • 粗挽き黒こしょう... 適量
  • おろしにんにく... 適量
  • サラダオイル.. 適量
  • (A)しょうゆ... 大さじ2
  • (A)みりん... 大さじ2
  • (A)赤ワインか日本酒... 大さじ2
  • (A)おろしにんにく... 小さじ1/2
  • 薬味(わさび、ホースラディッシュなど)... お好みで
調味料はお肉の大きさによって調節してください。

ほったらかしローストビーフの作り方

STEP1:肉に下味をつける

常温にもどしたお肉に塩、こしょう、おろしにんにくを塗り、表面に軽く小麦粉をふります。

お肉の形がいびつな場合はタコ糸などで縛って形を整えると良いでしょう。形が良い場合はそのままで大丈夫です。

STEP2:肉の表面を焼く

フライパンにサラダオイルを入れて熱し、お肉の表面に焼き色がつくまで、回しながら強火で焼きます。あとでもう一度加熱するので、お肉の中まで火を通す必要はありません。

STEP3:ポリ袋に入れて空気を抜く

焼きあがったお肉をポリ袋に入れます。水をためたボウルなどに沈めて空気を抜いたら、袋の口をしっかりと結んで密封します。

ポリ袋は耐熱性があるものか、加熱調理用のジップつき袋などを使用してください。

STEP4:熱湯に沈める

お肉がすっぽり入るような大き目の鍋にお湯を沸かし、沸騰したらポリ袋に入れたお肉をしずめます。そのままフタをして火を止め、1時間ほど放っておきます。

STEP5:ソースを作る

お肉を焼いた後のフライパンに、(A)の調味料を入れて軽く煮詰めてソースにします。

STEP6:完成!

1時間ほどお湯につけておいたお肉を取りだし、薄く切って完成です。STEP5のソースを添えて、お好みでわさびやホースラディッシュなどを添えてどうぞ。

(Photo by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20121222202417 50d59861c0222
  • 20121222202347 50d59843066e0
  • 20121222202435 50d59873e8c29
  • 20121222202450 50d598823c518
  • 20121222202555 50d598c3b4fef
  • 20121222202610 50d598d28d431
  • 20121222202623 50d598df273bd

本記事は、2012年12月23日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る