生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon travel旅行・おでかけ

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 軽井沢近し!ほっこり温泉の旅

軽井沢近し!ほっこり温泉の旅

2012年12月21日作成

 views

お気に入り

目次

はじめに

温泉でほっこりしたい!1泊だけでもゆっくり温泉につかれば気分もリフレッシュできますね。今回は特に女性におススメ「軽井沢と温泉を楽しむ旅」を紹介します。

旅行詳細

夏休みに家族でどこか行こうと計画した時に、まず温泉にゆっくり浸かりたいという意見が一致しました。数年前に夏に温泉に行って、とても良かったので「夏の温泉」が決定。

東京発で1泊できる所を探しているうちに、避暑地である軽井沢の名前が挙がりました。それから付近の温泉を探した中で新鹿沢温泉という所を知りました。規模は大きくはないのですが、有名な観光スポットにも近いことがわかりました。

宿泊先は鹿鳴館に決定、直接予約をしました。

旅行行程

東京から長野新幹線で1時間余り、軽井沢駅前でレンタカーを借りて移動しました。有料道路を通って白糸の滝、鬼押し出し園を観光しながら新鹿沢温泉へ到着。

翌日は軽井沢へ戻り旧軽井沢を散策した後、アウトレットでショッピングもしました。

オンシーズンなので、往復の新幹線の切符とレンタカー(2日間)の予約をしておきました。

大満足の温泉宿

群馬県嬬恋村にある新鹿沢温泉は、人も少なく穴場の温泉地です。宿泊した鹿鳴館は付近にコンビニなども見当たらないくらいの所で、静かでのんびり過ごすことができました。

部屋数も多くはないので大浴場もほぼ貸し切り状態。一組ずつ囲炉裏を囲んでの夕食もとても静かで、田舎の家に遊びに行ったようなアットホームなもてなしでした。

夕食メニューは川魚の炉端焼きや網焼き、鍋など盛り沢山。ひれ酒もお薦めです。

筆者が泊まったのは通常の部屋でしたが、こちらの宿には古民家を移築して作られた特別室(晩霞亭)もあり、とても風情のある佇いでした。(上の写真)

感想

有料道路を通って軽井沢から約1時間の距離、途中浅間山の雄大な景色を見ながらのドライブは最高でした。旅行した日は真夏日で軽井沢でも30度近くあり暑かったのですが、温泉地は標高が高いので高原の涼しさが心地良く露天風呂も最高でした。

軽井沢に宿泊するとなると料金も高くなりがちですが、こちらの宿泊代は大人3人で約41000円でした。温泉を楽しみご馳走に舌鼓を打つということを考えると、とても値打ちがあったと思います。

温泉にグルメやショッピングなど付加価値があると、より楽しめますね。軽井沢は特に女性に人気のスポットですから、温泉とセットにする旅はお薦めですよ。

マイカー、レンタカー以外では最寄駅からタクシー利用となります。アクセスはこちら参照⇒周辺地図

おわりに

いかがでしたか。温泉ざんまいでゆっくり過ごすのも良し、リフレッシュしてまたショッピングに出かけるも良し。軽井沢方面で旅行を考える時には、参考にしてみて下さいね。

(Photo by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20121221143310 50d3f4969b6d3
  • 20121221143343 50d3f4b7f157f
  • 20121221144104 50d3f670aadc3

本記事は、2012年12月21日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る