生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7. 文章をうまく書くコツ

文章をうまく書くコツ

2016年05月11日更新

 views

お気に入り

はじめに

メールや手紙など文章を書く機会というのは本当に多いものです。自分だけでなく相手にも読んでもらうものですので、できるだけ上手に書きたいものです。

ここでは、うまく文章を書くコツについて紹介しましょう。

文章を上手に書くコツを身につけようと思ったきっかけ

私は、文章を書くことを仕事としています。そのため、仕事として納品した文章に対してダメ出しをもらうこともあります。

ダメ出しをもらったときに、「文句を言わせないくらいうまい文章が書きたい」と思ったのがきっかけです。

上手に書くコツ

言い回しを身に付ける

いろいろなバリエーションの言い回しを身に付けましょう。同じ言葉の繰り返しでは、決してうまい文章とはいえません。同じ意味でもいろいろな言い回しができると読む方も飽きません。

「です・ます調」「だ・である調」に統一する

友達と話しているような感覚で文章を書いてしまうと説得力に欠けます。語尾を統一させるだけでも相手の心にぐっと響くようになります。

長い文章を短く区切る

話しているときには、文章を区切らなくてもなんとなく相手に伝わります。しかし、文面でそれをしてしまうと読みにくいし、伝わりにくくなってしまいます。長くても1文章50文字前後におさえましょう。

コツをマスターするために行った練習方法など

いろいろな言葉の言い回しを勉強するためにとにかく本を読みました。同時に日本語の美しさも改めて実感することができました。

また、頭に浮かんだ文章を一度書き出して、それを訂正していくという地道な作業もしていきました。

コツによって実感した効果

仕事として文章を納品した際に、「読みやすい」「わかりやすい」「うまくなった」とほめられました。また、頭の中で自然と文章の訂正ができるようになりました。

おわりに

少しの工夫できっと前向きな変化が訪れると思います。ぜひ試してみてください。

(photo by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20121220155149 50d2b585b6a87

本記事は、2016年05月11日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る