\ フォローしてね /

ほっと温まる…西洋版たまご酒「ホットブランデーエッグノッグ」の作り方

このライフレシピのもくじたたむ

寒くなってきたらつい飲みたくなる西洋版たまご酒「ホットブランデーエッグノッグ」の作り方をご紹介します。

ミルクセーキにお酒が入ったようなカクテルで、アメリカ南部ではクリスマスに良く飲まれていますよ。

材料

  • ブランデー:30ml
  • ラム:15ml
  • 砂糖:小さじ2
  • 卵:1個
  • 牛乳:カップを満たす分
分量は目安です。ラムはホワイトとダークどちらでも構いませんし、入れないレシピもあります。本来はシェイカーを使いますが今回は使わないやり方をご紹介します。

作り方

STEP1

卵を卵黄と卵白に分けて別々に泡立てます。卵黄の方に砂糖を混ぜます。卵黄はツヤが出るくらい、卵白はメレンゲ状になるくらいが丁度良いです。この間にミルクを温めておきます。

カラザ(卵帯。卵黄と卵白を繋いでいるひも状の組織)を取り除いたほうが綺麗に仕上がります。
全卵を泡立ててもOKです。ただ、ホットミルクを注いだ際に固まりやすく、見栄えと舌触りが悪くなります。

STEP2

卵黄にブランデーとラム、泡立てた白身を加えて軽く混ぜます。

STEP3

STEP2をカップに入れます。

STEP4

カップにホットミルクを数回に分けてそそぎ、軽く混ぜたら完成です。

一気にホットミルクをそそぐと卵が固まりやすいので2~3回に分けて掻き混ぜながら注ぐのがオススメ。

ミルクが熱すぎると卵が固まってしまい綺麗に仕上がりません。湯気が全体に立ち始めて鍋の淵が泡立つ70度~80度くらいが丁度良いと思います。

完成!

卵や牛乳が苦手な方はナツメグやシナモン、ココアパウダーなどを振りかけると匂い消しになります。

作るポイント

寒い季節には風邪をひきやすいですよね。このホットカクテルは栄養価が高く、体を癒すにはもってこいです。ほんのりとした甘さ、ムースのような優しい口当たり、そこにブランデーとラムの風味も加わり、身体の芯から温まります。

とても家庭的なカクテルです。大事な人が体調を崩したとき、作ってあげたら喜ばれると思います。

ミルクを熱湯に変えるとトム&ジェリーというホットカクテルになります。牛乳が苦手な方にはこちらも良いと思います。

Twitterで紹介!

(image by 筆者)
(image by nanapi編集部)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。