生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 証明写真、少しでもキレイに写る方法

証明写真、少しでもキレイに写る方法

2013年10月29日更新

 views

お気に入り

プリクラほどかわいく写らない証明写真・・・

(もう随分長い間撮ってませんが)プリクラってかわいく見えますよね。あの光がマジックなんですかね・・・。

しかし、証明写真はそうはいきません。リアルに写ってしまいます。むしろ「うわあ、変・・・」という感想を持つ写りになってしまいます。

運転免許証用の写真やパスポートの写真、一度撮ると長く使わなければいけないものなので、女性としては特に「きれいに写りたい!」って感じですよね。

そんな私もその中の1人で、過去の失敗や友人の失敗を見てきて「証明写真はこうすればキレイに写る!」という方法をまとめてみました。

少しでもキレイに写るためにできること(女性用)

グロスは薄めの色を使用する

証明写真、特に運転免許用の写真は色がハッキリと濃く移ります。少しでも濃いグロスだと、唇が真っ赤っかで「どこのレディース?」状態に。色なしというのも死人みたいになっちゃうので注意。ナチュラルに薄いピンクが無難です。

チークは付けすぎ注意

これも上記と同じ理由。特にチークは自分で思っているよりも濃い場合が多いので、チークの入れ方は「うすすぎるかな?」ぐらいでもOK

髪型はハーフアップ又は耳を出すとGood

ハーフアップは小顔に見えます。もしくはポニーテールを高めに結び、耳を出すようにしましょう。

ピアス(イヤリング)は大きすぎないように

日本人の場合、大きいピアスは基本似合いません。デザインにもよりますが、顔のうすさがピアスに負けてしまうのです。ピアスはつけないか、やや小さいものでお気に入りがあればそれを付けましょう。

前髪は長すぎないように

前髪が目にかかる=顔に影が出来るのでNG。できるだけ顔全体は見せておくとキレイです。伸ばしている人は前髪を斜めにセットしておきましょう。

トップスは首のラインがきれいなを選びましょう

タートルネックは丸顔に見えてしまいます。首は出した方が顔が小さく見えますし、首のラインがキレイだと顔もキレイに見えますよ。

トップスはデザインも色もシンプルなものを選びましょう

スーツで写る必要のない時は、できるだけシンプルな服を選びましょう。流行りの服を着ちゃうと、何年か後に見ると「え・・・(恥)」ってこともあります。いつの時代に見ても違和感のないシンプルなものを着て写るとGood!

(例)色は無難な白か黒がオススメ。白は顔色をキレイに見せてくれるのでなお良し!

自分だけで撮るインスタントの証明写真なら

白い大判のハンカチや、白のスケッチブックなどを用意して行きましょう。撮影の際には、それを胸下のギリギリ写らないところで水平に広げて構えます。すると、反射光で顔に落ちた影が弱まり、顔が明るく見えます。気になる小皺も半減!

巻髪の人は撮る際、首も髪で隠れていないかチェック

巻髪の人、意外に要注意です。巻いている部分が首を隠してしまうと下手したら日食の逆みたいな状態になっちゃう。首はしっかり見せましょう。

最後に

写真がキレイだと、その証明写真を持っている期間は何だか幸せになれます。反対に実物より写りが悪いとブルーになります。
少し気をつけるだけでかなりキレイに写りますので、みなさんお試しくださいね!

関連ライフレシピ

(Photo by 足成/筆者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20110308162750
  • 20091104150234

本記事は、2013年10月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る