生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7. ライブでギターを弾く人のための練習法

ライブでギターを弾く人のための練習法

2012年11月29日更新

 views

お気に入り

はじめに

ギターの練習は自己流で構わないのですが、家で弾くのと外で弾くのとでは違ってくることを理解しておくと良いでしょう。

自分の部屋で座って弾いているときには出来たフレーズが、スタジオでは弾けなかったり。逆に、家で練習しているときには出来なかったフレーズが、バンドメンバーと合わせているうちに弾けてしまっていたり。

楽器は「ひとり」と「みんなで」と違いますし、その場の空気や緊張感でも違ってくるので、すべての要素を自分にとってプラスに作用するように練習するのがポイントです。

ポイント1 立って弾く

座って弾くときとは違って、視界が変わります。指先を見ないで練習するのも大切です。

カンタンな指の運び

ギターのフレットごとに、ひとつひとつ移動する指の運びをします。コードは気にしなくて構いません。

指先は見ないでください。音が潰れてしまっても、弦を間違えてしまっても、構わずに弾きつづけます。

おさえる指先を、感覚でつかむ練習です。立って、天井を見ながら弾くのも効果的です。

音階を弾く

慣れてきたらドレミファソラシドと弾きます。指先は見ません。音だけを頼りにしましょう。

コードを変えても効果的。単純ですが、押さえる指先で音階をさぐれるようになる練習です。
 

ポイント2 リズムに合わせて弾く

リズムに合わせて弾きましょう。バンドメンバーのドラムとだけ、ベースとだけ、と出来ると効果的です。

キーボードのひととあわせる場合は、キーボードでリズムも取ってもらいましょう。

ギター同士で練習するときは、ひとりが音階をひとつひとつ弾き、もうひとりがコードをカッティングでリズムを刻みながら弾きます。

リズムを耳で聞きながら、音階を指で奏でます。すると自然に体全体でリズムを取るコツがつかめます。リズムに乗りながらもリズムに流されなくなる練習です。

ポイント3 タイミングで弾く

ライブに向けた練習とは別に、「せーの」で始まり「ジャーン」で終わらせる音あわせをしましょう。

演奏前にドラムがカウントを取ります。最後にシンバルも含めたジャーンで終わります。曲のイントロで息をあわせつつ、エンディングでもしっかりと息をあわせられるようにする練習です。

必ずしも「歌」「曲」である必要はありません。コードだけ決めて、延々とループするだけの演奏のほうが、むしろ「タイミングあわせ」の練習になります。

おわりに

どんなにギターだけが上達しても、タイミングが揃わなかったり、息があわせられないと、実力を発揮できません。

リズムに流されず、空気にのまれずに、自分自身もリズムに乗ってギターを演奏できるようになると、あらゆる音あわせがイメージ通りにしやすくなります。

この記事で使われている画像一覧

  • 20101011185200

本記事は、2012年11月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る