生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon travel旅行・おでかけ

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 格安!フィリピン・ボホール島でのリゾート体験

格安!フィリピン・ボホール島でのリゾート体験

2012年12月20日作成

 views

こちらの記事では、筆者が体験したフィリピン・ボボール島でのリゾート体験をご紹介します。

目次

今回の旅行について

  • 日程:2012年12月15日(土)〜12月16日(日)

  • 渡航先:フィリピン・ボホール島

  • 旅の形態:一人旅

  • 主な目的:ビーチでのんびりすること

行き先や旅程を決めるまでの手順・理由

元々はボホール島を訪れる予定はなかったのですが、セブ島で宿泊したゲストハウスで同じ部屋だった女性がボホール島出身で、「ビーチがとてもきれいだから、一度行ってみたら?セブよりきれいな海よ」と勧めてくれたので決心しました。

セブ島にあるアヤラ・センター・セブというショッピングモールの1Fでフェリーのチケットを購入できると教えてもらったので、12月14日(出発の前日)に買いに行きました。

往復で640ペソ(約1280円)、セブ島からボホール島までオーシャン・ジェットというフェリーで片道2時間の距離でした。前日に購入したので、少し割引の適用があったみたいです。

前日にフェリーのチケットを購入した以外は、何も手配せずに現地に向かいました。今回はハイシーズンでもなかったし、宿もいっぱいあるだろうと思ったからです。

費用(1ペソ=約2円)

  • セブ島-ボホール島間の往復フェリー代:640ペソ

  • トライシクルの2日間チャーター代:1650ペソ

  • ロボック川でのクルーズ体験(食事込み):400ペソ

  • ターシャ(世界一小さいメガネザル)見学:60ペソ

  • チョコレート・ヒル入山料:50ペソ

  • ホテル代:1600ペソ

  • 滞在中の食事代:800ペソ

合計:5200ペソ(約10400円)

トライシクルとは、フィリピンでよく見かけるオートバイにサイドカーを付けた3輪の乗り物です。

リゾート旅行らしさを感じたこと・おすすめポイント

ボホール島で最も大きい都市タグビラランから橋をこえたところにあるパングラオ島のアロナ・ビーチに行ったのですが、どこまでも続く青い空と海、目に眩しいくらいの白い砂浜、ヤシの木の色鮮やかな緑のコントラストに、南国のリゾートらしさを感じました。

ビーチのすぐそばにあるDUMALUAN BEACH RESORTという宿泊施設を利用しましたが、3200円ぐらいで可愛い外観のコテージの一部屋が借りられて、一人ではもったいないぐらいの十分な広さでした。

感想・注意点

ボホール島に着くと、ツアーやタクシーやトライシクルの勧誘の人がいっぱい声をかけてきます。時々割高にふっかける人もいるらしいので注意して下さい。私は現地に住んでいる女性から相場を聞いていたので、そういうトラブルには遭遇しませんでした。

タクシーをチャーターする場合は、一日3000ペソ以上はするらしいです。私は今回トライシクルを利用しましたが、安全運転だったし、何より現地の風を感じながら移動できるのが気持ちよかったです。

おわりに

ボホール島はセブ島から片道2時間なので、日帰り旅行をする人も多いようですが、是非アロナ・ビーチのホテルで1泊することをおススメします。ビーチで見る日の出・日の入りは格別の美しさです。

一般的にはボラカイ島の方が知名度は高いですが、両方行ったという現地の人の意見をまとめると、ボホール島の方が美しいという声の方が多かったです。

偶然が生んだ今回のボホール島リゾート体験でしたが、南国の美しい海で泳げて本当に幸せなひとときでした。

(photo by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20121220095519 50d261f7ed784
  • 20121220095442 50d261d246ff8

本記事は、2012年12月20日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る