生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. バンドを結成する方法

バンドを結成する方法

2012年05月01日更新

 views

お気に入り

はじめに

バンドは各パートにわかれて構成されています。しかし楽器パートにこだわりすぎると、なかなか全員が揃わないことも多いです。

もしも、ある程度気の合う仲間であれば、楽器パートにこだわらずに、柔軟な対応で活動することも、バンドを結成する方法です。

ポイント1 バンド構成にこだわらない

バンドメンバーを募集する際は、パート別に募集をするものです。

しかし音楽を演奏しているひとのなかには、各方面の楽器を演奏できる人も多いものです。メンバー候補があれば、パートにこだわりすぎないことも大切です。

助っ人

正式メンバーとしてではなくても、助っ人を呼びましょう。迷っているひとには仮に入ってもらう、というのもいいと思います。

固定のメンバーと、流動的なメンバーがいて良いものです。

欠員のまま

楽器の何かが欠けていても、思い切ってバンドとしてスタートするのも方法です。

ドラムがいなくても。ベースがいなくても。補える楽器がなくても。大切なのは、『ひとりではない』『仲間で演奏する』ことです。

ひとりで楽器練習するのとは違います。だからこそ、人と一緒に演奏できる楽しみがあります。

ポイント2 スタジオ

集まれるスタジオを探しましょう。そのスタジオに集まれるかどうかをメンバー選びの基準にもできます。

必ずしも近所である必要?ありません。時には、週末や休日前夜のオールナイトという方法もあります。

スタジオ料金は、みんなで飲み会やカラオケに行くのと大差がありません。参考までにスタジオ料金コースなどもご覧ください。目安にできます。

詳細はこちらが参考になります・・・スタジオアクト

ポイント3 交代制

各パートが決まっても、時には楽器を交代して演奏するのもオススメです。教えあったり、教わったりしているうちに、楽器演奏の楽しみ方が広がります。

違う楽器が弾けるようになることで、聴く音楽にも影響が出てきます。

同じパートばかり集まってしまった時などは、期間を決めて交代しあうというのも方法です。

おわりに

柔軟な対応が、バンド結成にも維持にも大切です。

この記事で使われている画像一覧

  • 20101011174602

本記事は、2012年05月01日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る