生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon cook料理

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 醤油の保存方法

醤油の保存方法

2012年12月20日作成

 views

お気に入り

はじめに

日々の食卓で活躍する「醤油」は、日本人が最も愛する調味料ではないでしょうか。
ほんの少しの気配りで、「醤油」の味と香りの新鮮さはより長く保てます。

STEP1 用意するもの

まずは、お好みのメーカー、製造法の「醤油」
そして、スーパーや100円ショップなどで購入出来る「醤油入れ」
最後に、ハンドタオルサイズの「ふきん」や適当な「布」一枚です。

STEP2 醤油入れに移す

ペットボトルなどのままでは使いづらいので、醤油入れに移します。
この時に注意したいのが、「なみなみ一杯にしない」事です。

しょうゆ入れ満タンの量を使い切るには、数ヶ月かかる事もあります。
しかし、醤油入れに移した醤油は注ぎ口からの通気の為、劣化スピードが何倍にも早まります。

その為、醤油の量は醤油入れの半分かそれ以下の量にとどめておく事をお勧めします。
著者はだいたい1/3くらいにしています。

STEP3 温度と直射日光対策

各しょうゆ製品のラベルには「直射日光、高温を避けて....」との注意書きが記されています。
これに全く気を遣わないとどうなるか。

なみなみと入っている醤油入れを、朝日があたる位置に置き続けていた事があります。
しばらくすると、色味は赤みが無くなり、エスプレッソコーヒーの様な色に変化しました。味も風味も半減し、変に熟成した様な味になってしまいました。

冷蔵庫や食器棚に置いておくのが望ましいのですが、いちいち面倒だし、食卓に醤油の定位置がある、という方も多いでしょう。
その場合は簡単で、「布」を一枚ふわっとかけておけば良いのです。

たったこれだけで、風味の劣化と変色は劇的に抑えられ、虫の混入防止にも一役買ってくれます。

ペットボトルの方の醤油は、蓋をしっかりと閉めてキッチンの収納所などに置いておけば問題ありません。

あまりの猛暑の時期には、醤油入れに移した方は冷蔵庫での保管をお勧めします。

おわりに

調味料がいくつか収納できる「開閉式の卓上用トレイ」の様なものがあればなお良いのですが、今回はありあわせのモノで簡単に改善出来る方法をご紹介しました。

最良の状態を保った「醤油」で、美味しく健やかな食生活を送ってください!

(photo by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20121217204258 50cf0542dacbe
  • 20121217205320 50cf07b032547
  • 20121217210455 50cf0a6727549
  • 20121217211823 50cf0d8f78fbf

本記事は、2012年12月20日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る