生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon moneyマネー

  1.  
  2.  
  3.  
  4. クレジットカードを安全に利用するコツ

クレジットカードを安全に利用するコツ

2013年03月12日更新

 views

お気に入り

はじめに

クレジットカードは「あると便利」なのではなく、「使用すればお得」になると理解できたうえで契約しましょう。

使用することでポイントが発生しますし、そのポイントがお得になります。

ポイント1 お店を選ぶ

クレジットカードを使用するときは、きちんとお店を選びましょう。対応がお店によって違うこともあるからです。

使用することでポイントが加算されていきますが、加算される条件はお店になって多種多様です。

 発行したお店

クレジットカードを持つことにした、きっかけのお店で使用しましょう。

欲をかかずに、そのお店のポイントを集中して貯めるように活用したほうが、安全です。レジの店員の顔も覚えられます。

 ダイレクトメールなどで紹介されたお店

ダイレクトメールで紹介されたお店で使用しましょう。期間限定企画などで案内されたお店で使用しましょう。

広告費を出しているお店や、イベントを開催しているお店は活気があるだけではなく、クレジットカードに対応慣れしています。

クレジットカードに不慣れな感じのするお店では使用しないことが重要です。見分け方は『自分のカン』で良いでしょう。

根拠や理由など無くても、『なにかへんかな?』と思ったら、そう思った自分を信用することです。

ポイント2 Wポイント

『クレジットカード会員様限定』と言われるサービスがあります。特定の日、1日限りや週末限定企画などです。

この期間にクレジットカードを使用して買物をすると、Wポイントや、時には「生活用品限定でポイント5倍」など。かなりお得なので利用しましょう。

Wポイントサービス実施店はクレジットカードに対応慣れしています。

ポイント3 レジ確認

クレジットカードで買物をするとき、レジの店員の挙動には注意しましょう。挙動不審には絶対にNOです。

もしもクレジットカードを受け取ってレジを離れようとしたら、必ず声を出して止めてください。

いきなりだと驚いて声を出すのをためらってしまうかもしれませんが、大声でも構いません。

周囲への迷惑や視線など気にせずに「ちょっと待ってください」「ストップ!」と、レジ店員を制止します。

クレジットカードのカード読み取りは、必ず目の前で実行してもらうことが大切です。自分の視線が届かないところへ持って行かせないことです。

おわりに

信用すべきなのは「お店」ではなく「自分」です。おかしいな、と思ったらカード支払いを中止することが大切です。

そういう心構えが、安全に利用するコツを磨くことになります。

この記事で使われている画像一覧

  • 20101010183412

本記事は、2013年03月12日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る