生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon moneyマネー

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. ICチップがダメになってしまった時の再発行方法

ICチップがダメになってしまった時の再発行方法

2013年10月30日更新

 views

お気に入り

はじめに

筆者はICチップを搭載した信用金庫のキャッシュカードを持っていましたが、突然ATMで使えなくなってしまいました。

その時の経験談を元に再発行の費用や流れを紹介していきたいと思います。

再発行はカードを発行した支店で!

ICチップが使えなくなってお金を一切引き出せずに苦労しました。そこで職場の近くの同じ信用金庫へと出向きました。しかしそこでは再発行は受け付けてもらえませんでした。

信用金庫では基本的にカードを発行した支店でしか再発行は出来ないそうです。

ICチップが使えなくなる原因

  • 財布などに入れていることでICチップに傷が付いてしまった。
  • ICチップが劣化してしまった。
  • ICチップ面が汚れている。
汚れているだけの場合はチップを布などで拭くと改善されて使える場合があります。

再発行の手順

STEP1

まずカードを発行した支店に出向きます。

免許書などの身分証明書を持参しましょう。

STEP2

窓口で再発行したいと伝えます。もしくは、銀行のテーブルにある再発行用紙に記入をします。

STEP3

窓口に提出すると何日ぐらいで出来るかの案内を教えてもらえます。

STEP4

後日キャッシュカードは郵送で送られてきます。(基本的には住民票の住所に郵送です。)

以上で手続きは完了です。

たとえ紛失でなくても再発行手数料が1000円程かかります。

おわりに

キャッシュカードの再発行は一見面倒くさいイメージがありますがこうやって要点をまとめてみると案外簡単に出来るということが伝わる思います。

万が一の時はこちらを参考にしてみてください。

(Photo by 足成)

この記事で使われている画像一覧

  • 20121217195939 50cefb1b4b8d5

本記事は、2013年10月30日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る