生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon learn語学・学習

  1.  
  2.  
  3. もしも家庭教師で教師が自分に合わなかったときの対処法

もしも家庭教師で教師が自分に合わなかったときの対処法

2013年11月08日更新

 views

お気に入り

はじめに

家庭教師が合わないということはよくあることです。そんなときの的確な対処法をここでは紹介します。

習っていた時の状況

著者が家庭教師を付けていたのは、中3の時でした。その目的としては、中間テストや期末テストでの得点アップでした。

そしてアルバイトの女子大学生が著者の担当でした。

「合わない」と思ったポイント

初回の授業の時から、あらかじめ決めておいた範囲以上に授業で進むことはなく、質問しても答えが返ってくることはなく、次の授業の際にも満足な答えが返ってくることはありませんでした。

このように、アルバイトでお金稼ぐためにやってますという感じが表に出ていて好きじゃないように感じました。

熱意が全く感じられなかったので、合わないと感じました。

対処法

親に相談し派遣会社に電話で連絡してもらいました

教師を交代するということで、正直気まずさのようなものを感じましたが、会社側は、教師の交代はよくあることですし、そのような教師を派遣してしまい申し訳ない、と言ってくれたと親から聞き、思いきって決断してよかったと思いました。

結果

今までの教師に代わって新しくこちら側で選ぶことになりました。

その際、筆者の第一志望の大学在学者かつ、男性が良かったので、該当者の中から一人選んで新しく来てもらうことになりました。

新しい人はとても親身になってくれる優しい先生で、本当に思い切って替えてよかったと思いました。

終わりに

自分にあった家庭教師を選ぶということは非常に大切です。家庭によっては教師を変更することにためらいを感じてしまうところもあるようですが、遠慮は無用です。

合わないのならば、他の人に交代するのが両者にとって最善の選択なのです。

(photo by 足成)

この記事で使われている画像一覧

  • 20121218153258 50d00e1acca55

本記事は、2013年11月08日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る