生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon learn語学・学習

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 英語を楽しく学ぶ方法(子供から大人まで)

英語を楽しく学ぶ方法(子供から大人まで)

2012年05月01日更新

 views

お気に入り

はじめに

著者が幼い頃からやっていた方法をご紹介します。○十年経った今も、幼い頃に覚えたフレーズは絶対に忘れません。

また、この方法は子供はもちろん、大人も楽しんで覚えられる方法です。気軽に楽しむことから、やってみましょう。

英語を楽しく学ぶ方法

絵を使う

ポストカードくらいの大きさのカードを用意し、絵を描きます。その下に、単語を書きます。それを見て、単語を発音します。絵というビジュアルのイメージと、文字、そして発音によって覚えやすくするためです。

発音が分からない場合は、エキサイト英和辞書などで発音を聞いてください。

子供と一緒にやる場合は、一人が文字を隠し、絵だけを見せます。"What is this ?"と問い、"This is ..."で答えます。

カードを差し込める透明のホルダーを壁にかけ、その中に入れて収納すれば、いつでもそれを見ながら単語を覚えられます。トイレなどにかけておくといいでしょう。

歌を使う

英語の歌を歌います。童謡などから始めてみましょう。CDがたくさん出ています。YouTubeで「英語 歌」で探すのもいいでしょう。最初は意味が分からなくても構いません。とにかく何度も聴いて覚えてみましょう。

その後、歌詞カードがあれば見て、単語や意味を把握してみてください。ディズニーの曲もいいでしょう。知っている曲が多いと楽しいものです。対訳を読むと、また新たな発見があるでしょう。

また少し高度ですが、単語に節やリズムをつけて、歌うような感じに覚えます。例えば「中(なか)?」「in !」「外(そと)?」「out !」「歩く?」「walk !」「走る?」「run !」といった掛け合いも印象に残り、覚えやすいです。

映画(DVD)を使う

こちらもディズニー映画がおすすめです。子供向けの映画はとくに、簡単なフレーズがたくさん出てきます。映画はストーリーにそったセリフなので、映像と関連付けて覚えやすいと思います。

物足りなくなったら、大人向けの映画にも挑戦してみましょう。何度も見て内容を知っている映画がオススメです。字幕を追うのではなく、まず音声を聞いてください。それで何と言っているのかを予測します。

どうしても分からない場合だけ、巻き戻して字幕を読みましょう。それを何度も繰り返すことによって、記憶が定着していきます。

さいごに

新しいことを始めるのには、歳をとればとるほど億劫になっていきます。しかし、よく考えてみてください。今が一番若いのです。遅いと思わずに、始めてみましょう。

特に言語を学習するのは、自分の世界が大きく広がることを助けます。小さな単語を一つ覚えるだけで、人に伝えることが増えます。是非チャレンジしてみてください。

この記事で使われている画像一覧

  • 20101010235642

本記事は、2012年05月01日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る