生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon businessビジネス・経済

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 自分の性格を客観的に見た自己分析の方法

自分の性格を客観的に見た自己分析の方法

2012年05月01日更新

 views

お気に入り

はじめに

就職活動をするにあたって、自分の性格に合った企業を選びたいですね。合わないような企業を選ぶと面接でその性格を見抜かれて不合格になる確率は高いです。

たとえ合格したとしても、仕事内容が性格に向いていないとやり甲斐を感じられず毎日が苦痛でしょう。

自分の性格を自己分析するか人から自分がどういう性格だと思われているか、人の目には自分がどう映っているかを知る事は大切です。

ここではより良く効率的な就職活動につなげがる為に簡単な方法で自分の性格を自己分析するコツをご紹介します。

何をしている時が一番楽しいかを考えましょう

アウトドア派ですか?インドア派ですか?

あなたは外で活動的に行動したり、体を使って遊んだり、ジョギングや運動ジムなどで汗を出してスッキリするのが好きでしょうか。

それとも静かに映画を観に行ったり、自宅でのんびりとテレビやDVDを見たり、読書などで心静かにゆっくりとくつろぐことが好きでしょうか。

ここで考えられるのは、アウトドア派の方はデスクワークなど淡々と机に向かって仕事をするような事務職は向いてないですよね。

好きな映画や本のジャンルを考えましょう

アクション系ですか?静寂系ですか?

あなたの好きな映画のジャンルはアクション系やドキュメント系でしょうか。それとも恋愛系やサスペンス系でしょうか。

ここで考えられるのは、アクション系が好きな人は行動派の人が多いようですので外に出ることがメインの仕事となる営業職など体を使う仕事が向いてますね。

どんな話題の会話が楽しいかを考えましょう

相談話ですか?体験話ですか?

あなたは友達などと会話する時の話題で気持ちが乗ってくるのは自分もしくは人の相談話でしょうか。それとも楽しい旅行などの体験話でしょうか。

ここで考えられるのは、相談話を好む人は静、体験話を好む人は動の性格の人が多いようです。そこをよく考えて職種を選びましょう。

手先が器用か不器用かを考えましょう

器用な人は、当然ですが細かい仕事が向いています。手作り製品などを扱っている企業など選ぶと良いですね。

おわりに

今は就職するのに大変難しいご時世、就職活動は無駄な時間を省いて自分に合った企業をいち早く選びたいですね。
(photo by http://www.gatag.net/06/11/2009/090000.html)

この記事で使われている画像一覧

  • 20101010153242

本記事は、2012年05月01日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る