生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon family家族・人間関係

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 夫婦の倦怠期を乗り越える方法

夫婦の倦怠期を乗り越える方法

2013年02月05日更新

 views

お気に入り

はじめに

恋人時代や新婚時代は毎日、一緒に居られる喜びを感じ、どんな料理をつくっても「美味しい」と言ってくれる嬉しさなど幸せ一杯の日々を過ごしていました。

しかし、今ではそんな時代がなつかしく、あんなに楽しい毎日が嘘のようなー夢のような生活だったと思えてくることもあります。これは倦怠期ですね。

倦怠期に入っている夫婦の方達にとって、それをプラス思考に考えられるコツをご紹介したいと思います。

発想の転換をしましょう

何か楽しい出来事が起こるわけでもないし、会話に花が咲くこともまれにしかない。マンネリ化した毎日が面白くない!と思いますよね。

お互い空気のような存在

パートナーとして「居ないと寂しい」けど「居ない方が自由にできる」という感覚を持ちましょう。お互い自由な時間を自分の趣味に没頭すると良いでしょう。

どんな夫婦にも倦怠期は訪れるもの。自分だけじゃないー会話が少ないのも当たり前!と思えば何となく気持ちが楽になりますよ。

機会があれが行動を共にしましょう

いくら空気のような存在とは言え、マンネリ生活を脱出できる機会があればそれを見逃す手はないでよね。

夫婦で共有できる時間

行事やイベントなど夫婦で一緒に行く機会がある場合は、たとえ気が乗らなくても頑張って参加しましょう。良い変化に発展する可能性もあります。

数か月に何度かでも相手の機嫌が良い雰囲気の時を見極めて、自分からショッピングや行楽地に出向くなど何気なく誘ってみるのも良いでしょう。

夫婦間のお祝い事は忘れずにしましょう

普段はマンネリ生活を送っていても、結婚記念日やお互いの誕生日だけでも二人で食事やプレゼントなどで雰囲気を変えると良いですね。

たとえ相手が忘れていても機嫌を悪くしないで下さい。喧嘩になると余計倦怠期から脱出しにくくなります。思い出した方から言いだせば良いのです。

部屋の模様替えをしてみましょう

普段のマンネリ化した生活環境を模様替えによって変えて見るのも気持ちの変化に繋がる場合もあります。

おわりに

倦怠期は喧嘩をしているのとは違います。いつかはその時期は終わるものですので、焦らずゆっくりと過ごしていきましょう。
(photo by http://www.gatag.net/01/23/2010/070000.html)

この記事で使われている画像一覧

  • 20101010132954

本記事は、2013年02月05日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る