生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon businessビジネス・経済

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 就職活動生向け、正しいスーツなどの選び方

就職活動生向け、正しいスーツなどの選び方

2013年10月29日更新

 views

お気に入り

はじめに

就職活動を始めるときには、スーツを準備する必要があります。自分でスーツを選ぶのは、どれを選んだらいいのか、ちょっと難しいかもしれません。今回は、正しいスーツなどの選び方を紹介します。

スーツの選び方

スーツは少なくても、2着は持っておきましょう。クリーニングに出す時の洗い替えがあると便利です。

最初の1枚は黒がいいでしょう。黒はお葬式などにも使えますし、流行廃りもありません。また、どんなシャツにでも、どんなネクタイにでも合わせやすいと思います。

2着目は紺、3着目は濃いグレーが無難です。面接などでみんなが着ているのは、黒か紺がほとんどです。また座ってみて、スーツのボタンがきつくないものにしましょう。

働き始めてからも着られるものを選びましょう。どのシーズンも着られるものと、春夏ものの2着を選ぶと便利です。

スーツを選ぶときは、リクルートスーツコーナーに行くなどして、必ずお店の人に相談しましょう。自分が似合うと思うものと、周りが似合うと思うものには、必ずギャップがあります。

女性店員と男性店員の両方に見てもらうといいでしょう。デパートなどではほとんどが女性店員ですが、男性による面接が多いので、両方のアドバイスを聞きましょう。

アイロンのかけ方

椅子に座ったりすると、スーツがしわになってしまうので、アイロンをかけましょう。スーツにそのままアイロンをかけるとテカってしまいます。必ず、手ぬぐいや薄手のハンカチをあて布として使うようにしましょう。

Yシャツ、ブラウスの選び方

基本は白で、3枚あると、ローテーションも組みやすいと思います。女性は襟が違うもので3種類買えばいいと思います。男性は、首周りや肩幅など、Yシャツもいろいろ選べるので、一度お店で測ってもらうといいでしょう。

カバンの選び方

カバンもリクルートコーナーで買うのが無難です。カバンコーナーで買うのであれば、店員に相談し、A4の書類が入る黒か濃い色のカバンを選んでもらいましょう。

ブランド名はぱっと見てすぐに分かるような目立つものは避けましょう。

おわりに

スーツを着ると、気持ちもまた引き締まります。自分にお似合いの1着を見つけてください。

この記事で使われている画像一覧

  • 20101010034734
  • 20101010034756

本記事は、2013年10月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る