生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon health健康・医療

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 日常生活で腰の痛みを軽減する方法

日常生活で腰の痛みを軽減する方法

2013年10月29日更新

 views

お気に入り

はじめに

オフィスワークをする人、現場で働く人、多くの人が腰痛を患っているのではないでしょうか。私もヘルニアによる腰痛に苦しめられていましたが、日常生活で少し気をつけることで、だいぶ楽になりました。

今回は、日常生活で腰を痛みを軽減する方法を紹介します。

寝起きのとき

仰向けの体勢から、そのまま起きるのは、かなりの腰への負担になります。

寝るときは、まずベッドの側面に深く座ります。そして、その姿勢のまま、上半身をゆっくり横に倒します。そして、それから、上を向いて仰向けの姿勢になります。そのときは、膝を曲げるようにします。

起きるときはその逆にします。

ベッドは柔らかくて、腰が沈むものは避けたほうがいいです。適度な固さのものを選びましょう。

重いものを持つとき

足を伸ばしたまま、重いものを持つのはやめましょう。かならず膝を曲げて、お尻を落として持つようにします。できるだけ、体の近くで物を持つようにし、重いものだったら、お腹に抱えるようにします。

座るとき

椅子に深く腰かけ、前かがみにならないようにして、背中を伸ばした姿勢を保ちます。膝は足の付け根より少し高い位置をキープできるような椅子を選ぶと楽になります。

肘かけのある椅子を使うと、腰の負担を軽減できます。

寝る前にする腰痛ストレッチ

その1

まず、ベッドに仰向けに寝て、足を真っ直ぐに伸ばします。次に、片方の足を曲げて手で足を抱え、ゆっくり胸に近づけていきます。一番引っ張ることができるところまで来たら、上半身を太ももにつくように起こします。

この姿勢で10秒維持し、また、最初の、足を真っ直ぐにした姿勢に戻します。これを左右3セット。

その2

仰向けに寝て、膝を曲げます。そして、両膝を抱え、ゆっくり胸に近づけていきます。体育座りのまま、後ろに寝転がるような感じです。そして、上半身を少し起こします。両足はなるべく開かないようにします。

このストレッチで、腰の筋肉をほぐすことができます。

おわりに

普段の姿勢一つで、腰痛の痛みも軽減できます。普段から猫背やお腹を前に突き出した姿勢は避け、背すじを伸ばすようにしましょう。

この記事で使われている画像一覧

  • 20101009212816
  • 20101009222623

本記事は、2013年10月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る