生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 初心者のための水草を色鮮やかで元気に育てる方法

初心者のための水草を色鮮やかで元気に育てる方法

2015年03月12日更新

 views

お気に入り

はじめに

皆さんの中には、家で魚を飼っている人も多いのではないでしょうか。魚を育てている人なら、水草を色鮮やかに元気よく育てたいものです。今回は、そんな水草の育て方を紹介します。

水草の育て方

肥料が必要

水草も栄養が必要です。液体タイプの肥料と固形の肥料があります。茎がある水草には液体タイプのもの、根がある水草には固形タイプのものが向いています。水草専用のものを買ってください。

固形の肥料は、魚を飼い始めたときに水槽に入れて使いますが、液体の肥料は、水槽の様子を見て、与えるようにします。固形の肥料は、下のほうの床にセットします。

あまり肥料をやりすぎるとコケが発生します。魚の状態によっても、また違いますが、新しい葉がちょっと白っぽかったら、肥料を与えたほうがいいです。
Flex 麦飯石水草プラス

二酸化炭素

光合成で酸素を作るのに二酸化炭素も必要です。

二酸化炭素を入れる高圧ボンベなどのセットがホームセンターで売っています。これには、エアーチューブや拡散筒などがついています。これらはお店に人に、水草を育てる旨を言って、聞いてみましょう。

ろ過装置は外部式フィルターのものをおすすめします。

テトラ オートパワーフィルターAX-30

光も必要

光合成をするのには、もちろん光も必要です。普通は水槽用のライトを使います。飼い始めは蛍光灯が1本でもいいが、水草があまり育たないときは、蛍光灯が2本のタイプに替えた方がいいです。

水草も寝る時間が必要ですから、タイマーを使って、日中はライトをつけて、夜はライトを消すように、時間の管理をしっかりしましょう。

テトラ ライト付観賞魚水槽セット AG-60LS

おわりに

上のことを参考に、きれいな水草を育ててください。

この記事で使われている画像一覧

  • 20101009183608
  • 20101009183543

本記事は、2015年03月12日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る