生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon businessビジネス・経済

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 過去と未来で自己分析する方法

過去と未来で自己分析する方法

2014年02月26日更新

 views

お気に入り

はじめに

就職活動を始めるにあたってしっかりやっておきたいのが自己分析です。就職活動をする上でなぜ自己分析が必要なのか考えてみましょう。

例えば面接官に、あなたが応募企業に入社したい理由を伝えるとします。単に応募企業がすばらしい会社だからという理由だけでは、何千人の応募者の中からあなたが選ばれる確率は低いのです。

応募企業のすばらしいと思う点、その他職務内容や社風がいかに自分とマッチしているか、そして、あなたの夢の中で応募企業で働くことがいかに欠かせないことであるかを伝える必要があります。

それを伝えるために必要なのが自己分析なのです。

やり方

自己分析の方法は簡単です。過去のあなたと未来のあなたを書き出すこと、過去と未来のギャップが何かを発見することです。

とてもシンプルな自己分析ですが、しっかり実行すれば効果が大いに期待できます。

STEP1 0歳からの過去を書き出しましょう

0歳から現在の年齢まで1年につき1つだけ印象に残っていることを書き出していきましょう。

例えば

4歳 幼稚園の運動会

9歳 親友と大げんか

18歳 大学不合格 浪人
19歳 大学合格

STEP2 その時のあなたの感情、性格を追記しましょう

0歳からの歴史の中でその出来事が起こった時のあなたの感情を追記してください。

例えば

4歳 幼稚園の運動会
   →かけっこで負けて、悔しくて大泣きした、負けず嫌い
9歳 親友と大げんか
   →悲しい。大切な人とはずっと仲良くしていたい。
18歳 大学不合格 浪人
   →ショック。親に申し訳ないと思う。来年絶対合格するために必死に勉強すると決意。
19歳 大学合格
   →大喜び。がんばれば実現すると分かった。支えてくれた両親に感謝。

ここで、いままでのあなたが整理できます。多くの経験の中でどのような感情を抱くことが多かったのか、それを整理した上であなたはどのような性格なのかを分析することができるのです。

上の例でいくと「負けず嫌い」「仲間意識」「感謝の気持ち」「努力は報われるという経験」があなたの自己分析結果になります。

STEP3 22歳からの未来を書き出しましょう

22歳以降のあなたの未来を書き出していきましょう。1年に1つずつ、あなたはどうなっていたいかを記載していきます。

例えば
26歳 仲間を100人増やす
29歳 結婚
30歳 マンション購入

60歳 Uターンし、農業を始める

STEP4 STEP3を実現するために何が必要か考える

STEP3で記載した未来を実現するために、何が必要かを考えて行きましょう。

例えば
26歳 仲間を100人増やす → 同業界の同世代とのネットワークを作る
29歳 結婚 → 結婚資金
30歳 マンション購入 → 貯金

60歳 Uターンし、農業を始める → 農業の知識、農家とのつながり・ネットワーク

上の例の場合、未来の夢を実現するために必要な大きなポイントは2つのようです。「貯金を増やす」「ネットワークを広げる」という2つが未来の夢を実現するために必要ということになります。

STEP5 ギャップを探す

今まで書き出してきた過去と未来のギャップを見つけましょう。そのギャップを埋め合わせるために、どのような企業で働くことがあなたの理想に近づけるのかを考えます。

理想に近づくためにどのような社風の企業がいいか、どのような経験を積める企業がいいかなど検討してみましょう。

おわりに

自己分析の方法は人それぞれです。まずは自分を知ること、そして企業をしること、その両方のギャップをしることが大切です。

就職活動はとても大変ですが、生涯の中でこれほど人生を考える機会もありません。後悔のないよう、精一杯つとめましょう。

本記事は、2014年02月26日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る