生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 家にあるものを減らすためのコツ

家にあるものを減らすためのコツ

2013年10月29日更新

 views

お気に入り

はじめに

「掃除は定期的にしているけどなかなか物が減らない。」
「片付けど片付けど、物の減る気配がない。」

こういった人はいませんか?こういう人の多くはそもそも掃除の仕方を間違えている可能性が高いといえます。物を減らす掃除と部屋や家を綺麗にする掃除は別のものと考えてください。

今回は家全体の物を減らすための掃除の方法を紹介したいと思います。

物を減らす掃除方法

STEP1:物を3種類に分類する

まずはじめにやることは物を3つの種類に分類することです。分類方法は以下の3種類です。

  • 絶対に必要なもの
  • 捨てるか置いておくかすぐに判断できないもの
  • 絶対に不必要なもの

掃除をするときは物は上の3種類に分類されます。

STEP2:必要なものを確保しておく

STEP1で分類した絶対に必要なものは今回は片付け対象外ですので、先にダンボールなどに入れて確保しておきましょう。

STEP3:いらないものは先にまとめる

STEP1で分類した絶対に不必要なものは未練が残る前に先に捨てる準備にかかりましょう。ゴミ袋を用意しつめていき、目に付かないところへ隔離しておきましょう。

目のつくところにおいておくと、やっぱり捨てないでおこうかな?と思ってしまうこともあるので必ず目の届かないところへもって行きましょう。

STEP4:迷うものにとりかかる

STEP1:の捨てるか置いておくかすぐに判断できないものの整理にとりかかりましょう。

ここからがミソです。迷うもののなかで、またSTEP1でやった手順を繰り返しましょう。つまりどういうことかというと・・・

  • 絶対に必要なもの
  • 捨てるか置いておくかすぐに判断できないもの
  • 絶対に不必要なもの

また上の3つの種類に分類するのです。さすがに全てを捨てるか置いておくかすぐに判断できないものに再び分類することは心理的に難しいので、少なからず3種類に分類されます。

この手順を何回も繰り返していくと自然と物が減っていきます。

1種類の中から3つへの分類をするとなると、必ず1つはどこかに振り分けてしまう人間の心理を利用したものです。

STEP5:整理するものがなくなるまで続ける

STEP1~STEP4までの手順を判断できないものがなくなるまで続けましょう。なくなれば終わりです。おつかれさまでした。

おわりに

今回紹介したのは人間の心理を利用した片付けの方法です。バカらしいと思うでしょうが、実際にやってみると効果絶大ですので、だまされたと思って一度今回の掃除の方法を試してみてはいかがですか?

この記事で使われている画像一覧

  • 20101008025154

本記事は、2013年10月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る