生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 使いやすい洗濯ピンチハンガー

使いやすい洗濯ピンチハンガー

2012年12月14日作成

 views

はじめに

毎日どんどん溜まっていく洗濯物ですが、今使っている道具を少し変えてみるだけで楽になることがあります。筆者が使用して便利だったアイテムを紹介します。

絡みにくいピンチハンガー

1.丈夫なステンレス製

安い樹脂製の商品だと2年程でボロボロになってしまいます。洗濯物を止めようとしてピンチをつまんだらボリっと折れて、代わりに隣のピンチを使おうと思ったら、また折れて…これではなかなかはかどりません。すべてがステンレス製でできているので雨や紫外線に強く耐久性は抜群です。

著者はAmazonで購入しました。金額は3370円でした。

2.ピンチ同士が絡みにくい

ピンチハンガーをたたんで収納すると、ピンチ同士が引っかかってなかなか開かなかったり、ピンチがハンガーから外れたりしてイライラしますが、この商品はピンチが引っかかりにくいようにハンガーに接続されているので、一発でたたんだ状態から広げる事ができます。忙しい朝には嬉しいかぎりです。

3.ピンチの位置もポイント

洗濯物が乾きやすいようにピンチの取り付け位置もポイントです。互い違いに配置されていて、ちょうど良い位置にピンチがくるように設計されています。

とてもよいハンガーですが、ハンガー自体の重量が1.2kgと重く洗濯物を干した状態だとかなり重く注意が必要です。

おわりに

洗濯はほぼ毎日行う作業なので、多少値段が高くても使いやすく、耐久性のある道具を使うのがオススメです。気になる方は是非試してみてください。

(Photo by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20121213081133 50c90f2593157

本記事は、2012年12月14日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る