生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 必見!誰でも気軽にスポーツバーを楽しむコツ

必見!誰でも気軽にスポーツバーを楽しむコツ

2013年11月08日更新

 views

お気に入り

はじめに

2002年のW杯の後から、日本でもスポーツバーでスポーツを観戦する文化が根付いてきたように思います。

著者自身、サッカーが好きで良くスポーツバーに観戦に行くのですが、ここではこれからスポーツバーに行ってみようと思っている方のために、楽しむためのコツ、覚えておくと良い知識をお伝えしようと思います。

スポーツバーを楽しむために

観戦する競技を決めよう

スポーツバーの醍醐味と言えば、やはり同じ空間で大勢の人とスポーツを観戦し、その楽しみを共有することでしょう。

それにはやはり、自分の興味がある競技を観に行くことが一番だと思います。

近年、スポーツバーの数は増え続けていますが、店舗によって放映している競技のジャンルが限られている(サッカーしか放映しない、野球しか放映しないなど)こともあるため、まずは何のスポーツを観戦したいかを決めると良いでしょう。

観戦したい競技を決めたら、今度はお店を探しましょう。お店を探す際の注意点は以下の3つです。

お店を探す際の注意点

放映しているスポーツを確認する

前述しましたように、店舗によって放映しているスポーツのジャンルが限られている場合があります。

いざお店に行ってみても「意中のスポーツの放映をしていなかった」もしくは「行ってみたらそのスポーツの試合がない日」だったということを防ぐためにも下調べはきちんとしましょう。

また、お店によっては特定のチームの試合しか放映しないということもありますので、観戦したいチームなどが決まっている場合は、そちらも合わせて確認すると良いでしょう。

お店の雰囲気を確認する

最近はスポーツバーを名乗っていても、実際には普通の居酒屋に大型ディスプレイが置いてあるだけという所も少なくありません。

また、場所によっては常連ばかりで中々雰囲気に馴染めないということもあります。

可能であれば試合の無い日などに、一度お店に行ってみることをおススメします。

なるべく予約をする

サッカー日本代表の試合など人気競技を見に行きたい場合などは、事前にお店を予約をすることをおススメします。

最近は人気競技の放映日の予約状況をネットで教えてくれるお店も増えましたし、「当日店舗に行ったが入れなかった」ということも防ぐためにも予約はしておくと良いでしょう。

お店を探す際には下記の様な情報サイトもありますので是非活用してみてください。

お店でスポーツを観戦する

お店を決めたら、あとは試合のある日にお店に行って好きなスポーツを楽しむだけです。

スポーツバーと言えど中身は大型ディスプレイを設置してある普通のバーですので、気負わずに楽しみましょう。

オーダー方法

スポーツバーには立ち飲み形式のお店が多く、会計はほとんどの場合オーダー毎に行われます。

入店時にスタッフから説明があるかと思いますのが、分からない場合は気軽に尋ねてみましょう。

楽しみ方

スポーツバーですので、まずはスポーツ観戦を楽しみましょう。

画面越しとはいえ、大勢の人と同じ空間でリアルタイムにスポーツを観戦するというのは一体感が味わえてとても楽しいものです。

またスポーツバーは席間が非常に近く、他人とのコミュニケーションが気軽に取りやすい場でもあります。

もしあなたにひいきのチームや選手がいて、周りの人が同じチーム、選手を応援していたら、思い切って話しかけてみるのも良いかもしれません。

同じチームを好きな人同士、会話も弾むでしょうし、もしかしたら新たな出会いが待っているかもしれません。

お酒の勢いに任せてのナンパや、飲み過ぎはお店や周りの人の迷惑になる場合がありますので注意しましょう。

おわりに

スポーツバーという場所は、スポーツにあまり興味がない人でも気軽に楽しめる場所です。

あなたがもし「スポーツにそんなに詳しくないけどスポーツバーに行ってみたい!」という方の場合は、まず国際的なスポーツの試合を観戦してみることをおススメします。

国際的なスポーツの試合というのは例えば

  • サッカーのW杯(予選、本大会など)
  • WBC(ワールドベースボールクラシック)
  • オリンピック

などになります。

日本を代表して戦っている選手たちの熱い姿を目にすれば、スポーツに興味のないあなたでも、思わず声援を送ってしまうことでしょう。

これを読んでスポーツバーでのスポーツ観戦を楽しんでいただけたら幸いです。

(photo by 足成)

この記事で使われている画像一覧

  • 20121214191414 50cafbf683578

本記事は、2013年11月08日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る