生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. お家から物を減らす3つのステップ

お家から物を減らす3つのステップ

2013年10月31日更新

 views

お気に入り

はじめに

お家に溢れる要らない物を減らしましょう。要るか要らないか分からない物は、大抵要らないものです。

STEP1:物を出す

捨てた方がいいかもしれないと思う物、要らないかもしれないと思う物を全て出して、一箇所に集めてみましょう。その中で、まずすぐに捨てる事の出来るものをよけておきます。

分別は今しても疲れてしまいますので、最後にまとめてします。

ポイントは、要るかどうか迷う物も全て出してみるということです。

STEP2:売却と撮影

残った物の中で、売れそうな物は売りましょう。読まない本なら古本屋、使わない寝具や道具、家電は中古商品買取所、余った食器や着ない服はフリーマーケットやバザーにそれぞれ持ち込みましょう。人に譲るのもいい事です。

死蔵よりも、再利用です。その方が物本来の役割が活かされます。

捨てられない物の中で一番未練が残りやすいのは、いわゆる「思い出の品」です。これは、何でも捨てればいいと言うものではありません。この類の物を捨てる時は、必ず写真を撮りましょう。

これを捨てる事で誰かが傷つく可能性があるならば、それは今捨てる必要の無いものです。来年また考えましょう。

STEP3:捨てる

いよいよ、残ったものを捨てることにします。この段階で残っているのは、売れず、譲れず、使えない物です。ここで、一つの考え方を頭に入れましょう。

土地は坪単価で取引されています。つまり、スペースというのは「お金」です。要らない物にスペースを使い続けていることは、家賃を払わない住人を住まわせているような物です。

ここで言う「家賃」は、その物が貴方の生活に与える「貢献度」です。いざという時役立ったり、見た時に心が慰められたり。貴方にとって、お家のスペースを使って置いておく価値があるかどうか考えて下さい。

「いざという時役立つ」というのは、「いつか使うかも」という事ではありません。

さいごに

捨てて後悔することは、意外と少ないというのが筆者の経験です。

この記事で使われている画像一覧

  • 20101008003729

本記事は、2013年10月31日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る