\ フォローしてね /

おかずと一つになった「変わりおにぎり」の作り方

皆さんはどんなおにぎりの具が好きでしょうか。梅干、おかか、サケ、今ですと、ツナマヨや食べるラー油なども人気があると思います。

今日は、ちょっとおもしろい具のおにぎりの作り方を紹介します。前の日の晩御飯で余ったものなどを使って、上手く作ってみましょう。

具材の分量はそれぞれお好みで。ルールに縛られないのが変わりおにぎりです!

エビマヨおにぎり

  • ご飯
  • 海苔
  • ボイルしたエビ
  • マヨネーズ 
  • しょうゆ 
  • 練乳かわさび

まず、ボイルしたエビを切って、マヨネーズとしょうゆ数滴を混ぜます。子供が食べるおにぎりなら、それにほんのちょっとの練乳、大人が食べるおにぎりなら、わさびを少し入れて、再び混ぜます。

練乳?と思うかもしれませんが、味がまろやかになります。普通に、ご飯にかけてもおいしいです。

肉巻きおにぎり

  • ご飯
  • 豚バラ肉
  • 焼肉のたれ

具と言えるかは分かりませんが、俵型に握ったご飯に、豚バラ肉を巻きます。それをフライパンで焼き付けて、最後に焼肉のたれを入れ肉にからめてなじませます。

焼肉のたれの代わりに、めんつゆなどで味付けをしてもおいしく食べられます。

キンピラベーコンおにぎり

  • ごはん
  • 海苔
  • キンピラごぼう
  • ベーコン

余ったキンピラにベーコンを入れて、カリカリになるまで炒めます。それをおにぎりの具として入れます。友だちがモスバーガーのライスバーガーを参考に作ってくれました。

塩の代わりに海苔にちょっと醤油をつけて握ってもおいしいです。

好きなものを自由に握ろう!

定番からはちょっと離れたおにぎりですが、どれもおいしく食べることができます。一度作ってみてください。ちょっといつものおにぎりに飽きたときに食べてみてください!

(image by PIXTA 1 2 3)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。