生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon mentalメンタル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 子どもにやる気を持たせるための近道

子どもにやる気を持たせるための近道

2014年04月09日更新

 views

お気に入り

はじめに

遊びたい盛りの小学生にやる気が出ない宿題や勉強などを自分から出来るように働きかけることって本当に大変ですよね。

小学生にもなると学校のこと、習いごと、本人のやりたいこと…親の気持ちだけで息子を動かすのは容易ではありませんよね。

「もう~歳にもなるんだから一人で出来るでしょ」

「もう~年生なんだから自分で出来るでしょ」

という言葉、ついつい言ってしまいますよね。でもそれでは何の解決にもならないのです。

試しに【できるだろう】と思い込みをしてスッパリ手を離してみてください。

それとなくは、やるべきことを軸に動けますがそれ以上にはなりません。宿題や勉強だけでなく日常生活においても伸びが見られず、何しろ表情に自信が見られません。

やっつけ仕事の後は、本人のやりたいことでダラダラと時間が過ぎていく。こんなもったいない時間があるでしょうか?

親と一緒に

やるべきことを親が言葉で導くことも大事ですが一緒に取り組んでやることが一番大切です。

ただ一人で黙々とこなす時間より、一緒になって取り組む時間は子どもにとっては楽しい時間にもなりますし、その時間を自ら楽しみにしてくれるようにもなります。

子どもの苦手な部分を一緒にクリア出来るように働きかけることで達成感を味合わせてやれます。ただの達成感ではなく、母(父)と一緒に達成したことですぐそばで認められ喜びも増え自信にもつながります。

一度、自分のモノにした自信は表情にも表れて生き生きとした子どもになります。そして、また頑張ろうと思えるはずです。

おわりに

大人でも言葉で導くだけでは動きにくいことも「一緒に」を付け加えるだけで孤独な作業ではないことを理解し気持ちが軽くなります。

親が共働きだと、毎日一緒に付き合ってあげると言うのは難しいかもしれません。わずかな時間でも実際にやってみると我が子の変わりようが目に見えて驚くはずです。

そして、自分の自信につながると理解出来るようになる頃にはそれが習慣付いて一人で自然に動けるようになるはずです。

この記事で使われている画像一覧

  • 20101006133640

本記事は、2014年04月09日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る