生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon travel旅行・おでかけ

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 海外旅行!航空券の予約方法のいろは

海外旅行!航空券の予約方法のいろは

2012年12月14日作成

 views

憧れのあの国に行ってみたい!!海外旅行をするには、まずは航空券の予約!でも、どうやってすればいいの?今日は、著者がいつもしている航空券の予約方法をご紹介いたします。

目次

STEP1:まずは行き先を決める

行きたい国は、どこですか?まずは行き先を決めましょう。著者の場合、タイなどの東南アジア諸国やヨーロッパを旅することが多く、予約はいつも自分でしています。

そして、航空券の予約はいつも旅行代理店を通してしています。もちろん、航空会社で直接予約することはできますが、やはり値段は割高です。旅行代理店には、さまざまな種類の航空券があり、格安チケットもあるのでお得だからです。

STEP2:各社の航空券を比較する

著者の場合、行き先を決めたら、まずはエイビーロードで検索します。

ここでは、いろいろな旅行代理店の航空券の値段などを比較することができます。ここで、一番自分の条件に合った航空券を見つけます。その航空券を取り扱っている旅行代理店の問い合わせ先を確認しましょう。

この後、旅行代理店に問い合わせを始めますが、第1希望に空席があるとは限りません。チケットの種類・日付など、第2・第3希望くらいまで決めておくと、後々スムーズに問い合わせできます。

馴染みの旅行代理店がない、または旅行代理店も航空券もいろいろあって、どれを選べば良いか分からない場合、エイビーロードで検索・比較することをオススメします!

STEP3:旅行代理店に問い合わせをする

いよいよ、旅行代理店に問い合わせを始めます。

問い合わせには、メールや電話、直接来店するなどの方法がありますが、著者の場合、すぐに電話をかけるようにしています。メールでは、返信がもらえるまでに数日かかる場合もあり、その間に空席がなくなることもあるからです。

ここで、気をつけてほしいのですが、サイトで表示されている料金は、航空券代金のみの場合が多いです。他に、燃油サーチャージや空港使用料などがかかってきます。それらの料金は行き先や航空会社によって違います。一見、安そうな航空券でも、トータルすると他より高い場合もあります。

著者の場合、少しでも安くで手に入れたいので、問い合わせる時に「サーチャージ等も含めたトータルで一番安いチケットはどれですか?」と聞いています。

手元に準備しておくもの

  • パスポート
  • スケジュール帳やカレンダー
  • メモ帳とペン

電話をする時には手元に上記のものを準備しておきましょう。予約の際には、パスポート番号や名前のスペルなどを聞かれます。

また、空席がなくて第2・第3希望を伝えなければいけないこともあるので、すぐにスケジュールや日程を確認できるようにカレンダーなども準備しておきます。料金や、他にお得な航空券を教えてくれる場合もありますので、メモ帳とペンも忘れずに!

行き先・日程・希望の便を伝えて、空席があれば、代理店側からパスポート番号などを聞かれます。それで予約完了!後はメールで旅程表・請求金額を送ってくれますし、e-チケットが添付されているのでそれをプリントアウトします。

決済方法

予約が済んだら、今度は料金の支払いをします。方法はいくつかあり、

  • 銀行振り込み
  • クレジットカード払い
  • 来店してキャッシュで払う

などが一般的だと思います。著者の場合、銀行振込みをしています。振り込んだ後には、また旅行代理店に電話をして、その事を伝えておきます。代理店側が確認したら、領収証をメールで添付してくれます。

著者の場合、このように全てを電話やメールで済ませてしまうので、旅行代理店に足を運ぶことは一度もありません。

キャンセル待ちについて

希望していた日程での空席がない場合、他の人がキャンセルするのを待ってそこに入れてもらう、という『キャンセル待ち』をすることができます。それと同時に、他の第2・第3希望の航空券をおさえておくことができます。

もし第1希望のキャンセル待ちが通った場合、それ以外の航空券はキャンセルします。この時に気をつけなければいけないのが、『キャンセル料金』です。期限が来ると、キャンセル料金がかかってきてしまうので、代理店側に必ず、いつからキャンセル料がかかってくるのかを聞いておきましょう。

予定の変更があるかもしれない場合

仕事などの都合で、まだ予定がハッキリしていない場合もありますよね。そういう時には、とりあえず航空券を仮押さえしておいてもらうこともできます。

「往路○月○日、復路○月△日の航空券を仮押さえしておいてください」と伝えます。ここでも、キャンセル料について確認しておきましょう。

また、『支払い期日』も聞いておきましょう。いつまでに料金を支払わなければならない、という期限があります。そこで支払わなければ予約は取り消されてしまうので、気をつけましょう!なるべく早く予定を立てて、旅行代理店側に伝えるというのもマナーと言えますね。

また、予定の変更ができる(たいていの場合、有料だと思います)、『オープンチケット』という種類の航空券を予約しても良いですね。『フィックスチケット』の場合、変更できません。

子ども連れの場合

著者の場合もそうですが、子ども連れで旅行する場合もありますよね。その時は、必ず旅行代理店にその事を伝えます。

航空券の料金は、普通、大人料金が提示されています。子ども料金は、旅行代理店側も、航空会社に問い合わせないといけない場合が多いです。必ず、何歳の子どもが何人いる、ということを伝えましょう。

また、著者の場合は、機内食の『キッズミール』や、空港内でお手伝いをしてくれる『ファミリーサポート』を、航空会社にリクエストを入れておいてほしいと言うことを、旅行代理店に伝えています。重い荷物と子どもを連れての移動は大変なので、とても助かってますよ!

おわりに

初めての海外旅行の場合は、旅行代理店や航空券選びも戸惑ってしまうかもしれません。でも、エイビーロードを使って選ぶと、的を絞りやすくなるので簡単です!

旅の計画や、予約から、もう旅行の楽しみは始まっていると言えます。どうか、楽しんでくださいね!

(photo by 足成)

この記事で使われている画像一覧

  • 20121213160348 50c97dd479c30 thumbnail

本記事は、2012年12月14日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る